2017.12.10

快足光ったFW伊東純也、“ジャガー”との比較にも「プレースタイルは一緒ではない」

伊東純也
代表デビューを飾ったFW伊東純也 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会の男子初戦が9日に行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦した。日本は再三のピンチをGK中村航輔のセーブで凌ぎ、後半アディショナルタイムにMF井手口陽介がミドルシュートを決めて劇的な勝利をあげた。

 FW伊東純也(柏レイソル)は56分にMF髙萩洋次郎と交代で日本代表初出場を果たすと、持ち前のスピードで右サイドで存在感を放った。「自信を持ってやれればいいかな。クロスまでは何回かいけてたので、中と合わせてやっていければ。どこに入ってきて欲しいとかは伝えているので、そこが合ってくれば得点につながると思います」と感触を掴んだようだ。

 一方で課題として挙げのはゴールに迫っていくところ。「外で仕掛ける部分が多くて」。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は高い位置でファールをもらうことをアタッカーに要求しているようで、「レイソルで練習している、外から中に切れ込んでワンツーだったりシュートだったり」を増やすことが重要と語る。「ゴールに向かって仕掛けてファールを貰えればチャンスにもなる」。

 右サイドのスピードスターとして、FW浅野拓磨が代表に定着してきている。彼と比較する声は避けられないが、「プレースタイルは一緒ではない。自分には自分の良さ、拓磨には拓磨のよさがある」と主張した。

 次戦は12日、中国代表戦。伊東は「もっと自分の良さを出して、チームが勝てるように。できるってのは思いましたし、もっとプレーしたかったってのもあるので、長い時間もらえるようアピールしていきたいと思います」と意気込んだ。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る