2017.11.20

AFC年間最優秀各賞の候補者が発表…日本からは香川、熊谷、堀監督ら6名

香川、熊谷、堀監督、石井監督
アジア年間最優秀各賞の候補者が発表された [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFC(アジアサッカー連盟)は18日、年間表彰式「AFCアニュアルアウォーズ2017」で授与される各最優秀賞の候補者を発表した。授賞式は29日、タイのバンコクで行われる。

 個人賞では「最優秀監督賞」の候補者3名のうち、石井正忠監督(前鹿島アントラーズ、現大宮アルディージャ)と堀孝史監督(浦和レッズ)の2名が日本から選出。もう1人の候補者はオーストラリア代表を率いるアンジェ・ポステコグルー監督が選ばれている。

「最優秀女子監督賞」ではなでしこジャパンの高倉麻子監督がノミネート。「最優秀女子選手賞」には熊谷紗希(リヨン/フランス)、「最優秀ユース女子選手賞」に宮澤ひなた(U-19女子日本代表、星槎国際高等学校湘南)も候補者入りを果たした。

 男子部門では、日本人選手の「最優秀選手賞」「最優秀ユース選手賞」のノミネートはなかったが、男子だけに設けられた「アジア国際年間最優秀選手賞」に香川真司(ドルトムント/ドイツ)が選出。昨年度は岡崎慎司が受賞しており、日本人選手の連続受賞に期待がかかる。香川以外の候補者は韓国代表FWソン・フンミン(トッテナム/イングランド)、オーストラリア代表MFアーロン・ムーイ(ハダースフィールド/イングランド)の2人だ。

 また、団体としても日本サッカー協会が「ドリームアジア賞」「最優秀協会賞」にノミネートされた。

 発表された各賞の候補者は以下の通り。

■最優秀監督賞
アンジェ・ポステコグルー(オーストラリア代表)
石井正忠(大宮アルディージャ)
堀孝史(浦和レッズ)

■最優秀女子監督賞
ガオ・ホン(U-16中国女子代表)
高倉麻子(なでしこジャパン)
レテシア・バウティスタ(フィリピン女子代表)

■フットサル最優秀選手賞
アリアサガール・ハサンザデー(イラン)
トウヒド・ロトフィ(イラン)
ジラワット・ソルンウィチアン(タイ)

■最優秀選手賞
ウー・レイ(中国代表/上海上港)
オマル・ハルビン(シリア代表/アル・ヒラル)
オマル・アブドゥルラフマン(UAE代表/アル・アイン)

■最優秀女子選手賞
サマンサ・カー(オーストラリア女子代表)
スン・ヒャンシム(U-19北朝鮮女子代表)
熊谷紗希(なでしこジャパン/リヨン)

■アジア国際最優秀選手賞
アーロン・ムーイ(オーストラリア代表/ハダースフィールド)
ソン・フンミン(韓国代表/トッテナム)
香川真司(日本代表/ドルトムント)

■最優秀ユース選手賞
タハ・シャリアティ(U-17イラン代表)
イ・スンウ(U-20韓国代表)
ペク・スンホ(U-20韓国代表)

■最優秀女子ユース選手賞
キム・キョンヨン(U-16北朝鮮女子代表)
スン・ヒャンシム(U-19北朝鮮女子代表)
宮澤ひなた(U-19女子日本代表)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る