2017.11.07

強力攻撃陣を止められるか…川島永嗣、酒井宏樹が語る守備のポイントとは

川島 酒井
ブラジルを警戒する川島(左)と酒井(右) [写真]=Getty Images
サッカーキング編集部

 これまでの対戦成績は2分け9敗。日本は強豪ブラジルに一度も勝利したことがない。直近3試合で合計11失点を喫している相手だ。

 前回対戦した2014年10月の一戦ではネイマール1人に4ゴールを奪われて完敗。圧倒的な力の差を見せつけられた。今回の対戦でも相手に主導権を握られることは想像に難くなく、いかに守備陣が耐えられるかがポイントとなる。

 ブラジルと3度の対戦経験を持つGK川島永嗣(メス)は、次のように語る。

「南米のチームは個の部分で何をやってくるか分からない。本当にクリエイティビティのある選手が多いので、『こうすれば、こう守れる』という一つの答えがない」

 また先月22日にパリ・サンジェルマンとのダービーマッチでネイマールと対峙したDF酒井宏樹(マルセイユ)は、ブラジルは「苦手な相手」と警戒を強めた。

「間違いなく、日本人のDFが対応しづらいスタイルの国だと思います。ずる賢さも含めて苦手な相手。ヨーロッパで対峙しているアタッカーとは少し違いますよね。ドリブルの仕方や間合い、仕掛けてくるテンポが違います」

 高い攻撃力を誇るブラジルの要注意人物はネイマールだけではない。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がメンバー発表会見で名指ししたマンチェスター・CのFWガブリエル・ジェズスや、リヴァプールのFWフィリペ・コウチーニョなど超大物が揃う。20歳のG・ジェズスに関しては「世界で一番うまいアタッカー」と手放しで褒め称えたほどだ。

 強力な攻撃陣を押さえ込むのは容易ではないが、ワールドカップ本番が7カ月後に迫っていることを考えれば、日本としても簡単に負けるわけにはいかない。川島は受け身になってはいけないと話す。

「前を向かせないことを前提に、一対一で勝っていくしかない。受け身になって守るだけではうまくいかないと思う。例えば、一対一の場面でただ引くだけではなく、しっかりとアタックすること。そういうアグレッシブさが要所要所で大切になってくると思います」

 酒井の理想はワールドカップ出場を決めたオーストラリア戦だ。前線から絶えずプレッシャーをかけることが、守備陣のプレー予測の助けになる。

「ボールホルダーにどれだけプレッシャーがかかっているかで、予測が変わってきます。(前線の選手が)オーストラリア戦くらい前からプレッシャーをかけて(パスコースを)限定してくれると後ろは勇気を持って前に行けるし、インターセプトも狙いやすい。逆にプレッシャーがかかっていないと、どこにでも(パスを)出せる状態なので、対応が2、3歩遅れますよね」

 いつまでも「苦手な相手」と言っているわけにはいかない。これまで積み上げてきたものが強豪相手にどこまで通用するか。アグレッシブな守備でブラジルを迎え撃つ。

取材・文=高尾太恵子

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
40pt
山口
39pt
町田
36pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
28pt
琉球
25pt
沼津
24pt
Jリーグ順位をもっと見る