2017.09.04

豪戦でスーパーゴールの井手口、自身の弱点を語る「ボランチとして直したい」

井手口
サウジ戦に備える井手口 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 5日、2018 FIFAワールドカップロシア・アジア最終予選で日本代表はサウジアラビアと対戦する。オーストラリア戦でスーパーゴールを決めたMF井手口陽介(ガンバ大阪)が最終戦に向けてコメントを残した。

 すでにサウジアラビアに乗り込んでいる日本代表は、練習を開始している。中東の雰囲気を井手口は「特に問題はないと思います。時差で少し早く眠くなるくらいですかね」と語り始めた。

「相手の映像はまだ見てないです。オーストラリア相手にゴールしたけど、チーム内での立ち位置は変わらない。ただ1試合終わっただけ。毎試合自分をアピールしていかないと生き残れないので、もっともっと自分を出していければいいなと思っています」とコメント。

 さらに「昔はビビっていたけど、今はある程度遠慮なくできるようになった。あとはしっかり守備と攻撃の両方に貢献できたらいいんじゃないかなと思いますね。長谷部誠君(フランクフルト)が抜けてワンボランチで使われる可能性もあるけど、あそこはあまり得意なポジションではないです(笑)。ダブルボランチの方が無意識に攻撃も守備もできるから、ワンボランチでもそうなりたい」と応えた。

 クラブチームと代表での違いを聞かれると「攻守の切り替えは違うけど、それはどこのチームに行っても適応しなくちゃいけないところ。もっと改善したいです。自分は切り替えの部分とか、イージーなパスミスも多いので無くしていきたい。ボランチとしてはそこをやらなくてはいけないですよね」と自分の弱点も話している。

 最後に「自分は前回のサウジ戦に出ていなかったんですけど、相手に関係なく自分の良さを出していきたいです」と意気込みを語った。
 

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る