2017.08.30

「31日のために無理もした」…主将・長谷部、豪州戦へ「多くのものを背負う」

長谷部誠
ひざのケガを乗り越えた長谷部が、オーストラリア戦への意気込みを語った [写真]=新井賢一
サッカー総合情報サイト

 ワールドカップ出場をかけた大一番へ。約5カ月ぶりに日本代表に復帰したMF長谷部誠(フランクフルト)は、「多くのものを背負ってやりたい」と抱負を語った。

 30日、日本代表は翌日に迫った2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選のオーストラリア代表戦に向け、試合会場となる埼玉スタジアム2002でトレーニングを行った。

 3月にひざを負傷した長谷部は、今月12日に行われたDFBポカール1回戦で約5カ月ぶりに実戦復帰を果たすと、その後はブンデスリーガで2試合連続フル出場と、復活をアピール。「ケガをしてから、8月31日というのは頭のなかにありました」という言葉通り、大一番を前に代表復帰を果たした。

 ただ、決して順調に進んできたわけではなく、「リハビリの過程でうまくいかない時期があったなかで、31日に間に合わせるために無理をしてきた部分もある」という。だからこそ、「個人的には良い状態でピッチに立てそうなのでよかったと思います。明日の試合に対する思いは非常に強いです」と、闘志を燃やしている。

 主将の復帰はチームにとっても非常に大きな影響を与えるだろう。それを長谷部自身もしっかりと理解しており、「僕も若い時に先輩たちの存在感に安心感を覚えました。今度は自分も若い選手にとってそういう存在になれていればいいなと思います。多くのものを背負ってやりたいなと思います」と、プレッシャーのかかる一戦を前に、改めて先頭に立つ意志を示した。

 その長谷部は最後に、明日の試合についてコメント。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督を含め、チーム全体が自信を持って試合に臨むことができると主張している。「オーストラリアは監督が変わってからポゼッションを重視しています。フィジカル重視のサッカーよりはやりやすいかなと思いますし、様々な想定もしています。この試合だけでなく、最終予選は1試合も落とせない状況が続きました。それに比べたら、監督自身、いつもより落ち着いているかなと。明日やりたいサッカーもかなりはっきりしていて、ミーティングも短めなので(笑)」

 勝てばワールドカップ出場が決まる運命の一戦。試合は埼玉スタジアムで、31日の19時35分にキックオフを迎える。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る