2017.06.13

5試合ぶりの先発出場を飾った本田、次戦は「決勝戦のつもりで挑む」

本田
試合後のインタビューに応えた本田 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 13日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選が行われ、日本代表はイラク代表と対戦した。

 第3国であるイランで行われたこの試合。開始8分、大迫勇也のゴールで試合を優位に進めた日本だったが72分に同点ゴールを許してしまい、1-1のドローで試合を終えた。

 試合終了直後にFW本田圭佑がインタビューに応えた。

 まずは勝ち点1を得たことに対して「悔しいですね、反省するべきところがあった」と述べると「ケガ人や若い選手がいた中でよくできた部分はありました。ただ、先制点が取れたのでしっかりと勝ち切りたかった。自分たちの戦術に課題が多かったと思います」と試合を振り返った。

 次戦に向けての意気込みを聞かれると「残り2戦とも難しい試合になる。決勝戦に挑む心持ちで戦いたいと思います。たくさんのサポーターが応援してくれましたが、期待に添える活躍が出来ずに申し訳ありません」と語った。

 次節、イラクは8月31日にアウェイでタイ代表と、日本は同日にホーム埼玉スタジアムでオーストラリア代表と対戦する。

■グループB順位表
1位 日本(勝ち点17/得失点差9/得点15)
2位 サウジアラビア(勝ち点16/得失点差7/得点15)
==========W杯出場権獲得==========
3位 オーストラリア(勝ち点16/得失点差6/得点14)
========アジアプレーオフ進出=========
4位 UAE(勝ち点10/得失点差-3/得点8)
5位 イラク(勝ち点5/得失点差-2/得点8)
6位 タイ(勝ち点2/得失点差-16/得点4)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る