2017.06.08

長友、アシストに「いい崩しだった」…次戦は「危機感を抱いてる」

長友佑都
シリア戦でアシストを挙げたDF長友佑都 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 キリンチャレンジカップ2017が7日に東京スタジアムで行われ、日本代表とシリア代表が対戦した。

 試合は48分、シリアに先制点を許す苦しい展開になった。しかし58分、DF長友佑都(インテル)のクロスに反応したMF今野泰幸(ガンバ大阪)が同点ゴールを決め、1-1のドローで試合を終えた。

 フル出場し、アシストを記録した長友が試合についてコメントを残した。

 得点シーンについて尋ねられると「まず(本田)圭佑に出そうとしたけど、相手が完全に圭佑に行ったのが感覚的に分かった。みんな中に入っていたし、あれだけ中に入っていったらもうクロスを上げる側としてはすごくやりやすい。崩しは完璧というか、いい崩しだったと思う」と語った。

 途中出場の本田選手について「チームに左利きがいて、左で中にボールを持って左サイドにサイドチェンジができることは、とてもやりやすかった。圭佑は前のポジションもいいけど、サイドハーフのポジションで起点を作ったり、タメを作って時間を作ったりすると、周りの選手も上がれるし、ディフェンスからの押し上げもできる。インサイドハーフも圭佑のよさがすごいチームとしても生きると感じたよ」と本田のプレーに手応えを感じたようだ。

 また「同サイドの(原口)元気や乾(貴士)に関しても、後ろでサポートする人間として、彼らが生きやすい動きを僕がしてあげないといけない。そして僕自身も生きるようなポジショニングを彼らに取ってもらうことももちろん大事。もっともっとコミュニケーションが必要かなと思いますね。4バックを組んだ昌子(源)はすごいいいプレーが沢山あった。あとは連動の部分ですよね。特に僕と昌子、あとは昌子と(吉田)麻也のところ。その連携はやっぱり高めて行かないと。まだまだポジショニングがあやふやなところがあったかなと思います」とコミュニケーションや連携の部分についても言及した。

 そして「イラク戦どういう形で行くか分からないけど、相手がまだエネルギーがある状態の時にやっぱり苦戦している。その中で何ができるか、前半を振り返って考えなければいけないかなと。同じような前半をしたらたぶんイラク戦はアウェイだし、得点取られる可能性あるかなと。ちょっと危機感を抱いてます」とイラク戦に向けて修正点を話した。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る