2017.05.30

香川真司が“違う達成感”を手土産に帰国…今季は「プレーの質やメンタリティが成長した」

30日に帰国した香川真司が報道陣の取材に応じた
サッカー総合情報サイト

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が30日に帰国し、空港で報道陣の取材に応じた。

 香川にとってドルトムント復帰後3年目となった今シーズン、前半戦は出場機会を失うも、終盤戦はスタメンに定着。リーグ戦では1ゴールに留まったが、リーグ3位の原動力となった。

「(前半戦は)個人的にもチーム的にもすごく厳しい時期でした。その中でも自分がやるべきことを続けることが大事だった。それを徹底的に今シーズンはやれましたし、良いトレーニングができて、良い準備ができたから後半戦に向けてチームも個人も良い状態に持っていくことができて、自信が付いたシーズンになりました。でも、結果だけ見れば1シーズン通して活躍してないので、さらに努力が必要ですし、もっともっと結果を残していく必要があると思います」

 一方、プレー面以外でのアクシデントにも悩まされた。今年4月、チャンピオンズリーグ準々決勝に向けチームバスでスタジアムへ移動中に爆破事件が起きた。この爆破でチームメイトのマルク・バルトラが右手首を骨折するなど負傷した。後日、この爆破事件はドルトムントのチームバスを標的にしたものだと判明。幸い、他のメンバーに負傷者は出なかったものの、チームには暗雲が立ち込めた。

 それでもチームは立ち直ると、DFBポカール準決勝ではバイエルンを撃破。続くフランクフルトとの決勝戦も勝利し、カップ戦を制した。決勝では香川もフル出場を果たし、チーム5年ぶりのタイトル獲得に貢献した。香川にとってもドルトムントでのタイトル獲得は、2011-12シーズン以来、5シーズンぶりとなる。香川はリーグ連覇とカップ戦制覇を達成した当時との“違い”を次のように口にした。

「(前所属時代に)優勝したときは1年間通して試合に出続けて、自分の活躍で付いてきたものというか、悪い時期もなかったです。今回は最初に苦しんだり、色々な経験をした中で、最後にあのピッチで優勝を勝ち取ったので、また違う喜びがありましたし、違う達成感というのを改めて感じました」

 さらに、自身のプレーについても、2011-12シーズンと比較し、「今の方が遥かに良いと思ってる。結果で見るとそっち(2011-12シーズン)の方がインパクトが強いと思うんですけど、自分のプレーの質だったり、ピッチに挑むメンタリティだったり、この1年でさらに成長した」と自信を覗かせた。

 帰国したのも束の間、次は日本代表としての戦いが待ち受けている。6月7日、キリンチャレンジカップ2017でシリア代表と、同13日にはロシア・ワールドカップ最終予選でイラクとのアウェイゲームに挑む。

「大事なアウェイの試合なので、自分としては切り替えて代表に向かいたいと思います。コンディションも良いので、それを落とさずにキープして良い形でシーズンを終えられるようにやっていきたいと思います」と、決意を新たにした。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング