FOLLOW US

「『今年は浦和レッズの年だったな』と思ってもらえるように」…浦和GK西川周作がCS決勝への意気込みを語る

インタビュー・文=松岡寛人 写真提供=NIKE

 今シーズン記録したリーグ最少失点「28」は、「チームとしての成長の証」。悲願の年間チャンピオンに向けて、西川周作は確かな手応えと自信をのぞかせる。

――リーグ戦では年間勝点1位になりましたが、今シーズンを振り返ってみていかがですか?

昨シーズンの悔しい経験から学んだことで、大事な試合でこそ肩の力を抜いて余裕を持って戦うことができたと思っています。それがJリーグYBCルヴァンカップ(以下ルヴァンカップ)でのタイトル獲得や年間勝点1位という目標達成につながったと思っています。

――今シーズンはリーグ最少失点を記録しました。

リーグ最少失点は常に目標としてきましたが、過去2シーズンはあと一歩のところで逃していました。だからこそ今シーズンに懸ける思いは強かったですし、最少失点に押さえていれば自然と順位も上にいられると思っていたので、この結果に手応えを感じています。

――失点を最小限に抑えられた要因は何だったのでしょうか?

フィールドプレーヤー全員の守備への切り替えの速さがポイントだったと思います。前線からの守備が効いていましたし、被シュート数も少なく、自分たちの攻める時間が多かったですね。ミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ監督)の掲げるサッカーを、シーズンを通してできていたと思います。

――1stステージの終盤で連敗を喫し、ステージ優勝を逃す展開もありましたが、そこで焦りは感じなかったのですか?

シーズンの最後に連敗するよりかは良かったという気持ちもありましたし、逆にそこでチーム全員が同じ方向を向いて切り替えられたことで、2ndステージへいい入り方ができたと思っています。その後、ルヴァンカップを取れたことで、かなり気持ちに余裕も生まれましたね。

02_161121_nike_nishikawa

――個人的なパフォーマンスについてはいかがでしょうか?

まず、シーズンを通していいコンディションを保てていたことが良かったです。あとは守備だけではなく、前線の選手としっかりアイコンタクトを取りながら相手にとって一番危険なところを狙ってパスを出すこと。今シーズンはそれがゴールにもつながっていたので手応えを感じています。

――アジア・チャンピオンズリーグやルヴァンカップなど、日程面での難しさは感じましたか?

過密なスケジュールではありましたが、リーグ戦から入れ替わった選手がしっかりと仕事をしてチームを助けてくれていましたし、試合が詰まっていたほうが僕らとしてはいい緊張感が続くんですよね。

――チャンピオンシップ(以下CS)決勝では鹿島アントラーズと対戦します。

鹿島はベテランの選手が多い一方で、若い選手が成長して世代交代もうまく進んでいるチームですね。鹿島との試合はいつも1点差の試合になることが多いので、今回も緊張感のあるゲームになると思っています。

――では最後に、CS決勝への意気込みをお願いします。

初戦はアウェーですが、できるだけのびのびとプレーして、そこで点を取ることが理想です。そして、全てが決まるホームでの2戦目に向けてしっかりと気持ちを整えて臨みたいと思います。ここまできたら年間勝点1位の自分たちが勝たなければならないですし、応援してくださるサポーターの皆さんに、『今年は浦和レッズの年だったな』と思ってもらえるように頑張りたいと思います。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO