2016.11.16

【コラム】最終予選4戦連発の原口が語る自身のゴールより「大切なもの」

原口元気
最終予選4試合連続ゴールを決めた原口元気 [写真]=三浦彩乃

 2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の第5戦が15日に行われ、日本代表はサウジアラビア代表を2-1で下した。

 ホームで負けられない一戦を迎えた日本は、前半終了間際に清武弘嗣(セビージャ)のPKで先手を奪うと、試合終盤の80分に“またしても”原口元気(ヘルタ・ベルリン)がゴールを奪う。

 左サイドの深い位置で、本田圭佑(ミラン)からのパスを受けた長友佑都(インテル)がペナルティエリア中央の香川にセンタリングを供給。これは香川の足元に収まらなかったが、流れたボールを原口が流し込むと、これが日本に勝ち点3をもたらす決勝点となった。

 最終予選史上初となる4試合連続ゴールで、三浦知良(横浜FC)や呂比須ワグナー氏の記録(3試合連続)を塗り替えた原口だが、「結果的に僕が取りましたけど、オマケみたいなもの。他にも大切なところはある」とコメント。

「ポジティブなものがたくさん見えた。そっちの方が大切かな」、「取られたあとの切り替えだったり、パスのスピードアップなど良い部分がでていた」と続け、自身の記録よりもチームが機能し、勝ち点3が取れたことを嬉しそうに振り返った。

 また、「正直オーストラリア戦もすごく僕的にはアウェーの戦い方ができて良かった。ここ2試合はすごく良いゲームができたと思う。ハードにできれば日本の方が技術的には優れている部分があるので、これを最低限のラインにしたいし、これを続けたい」と、チームが良い方向に進んでいることを強調し、手ごたえを口にした。

 試合後、左サイドでコンビを組んだ長友は「元気があれだけ走ってくれるんで、おっさんの僕は後ろでサポートしていればいいっていうだけ(笑)彼が僕をサポートしてくれた。運動量も豊富であれだけ点もとれてテクニックもあって、凄い選手になっている」と原口のパフォーマンスを手放しで称えたが、原口はまだまだ満足していない。

「まだまだな部分が多いし、今日も僕のクオリティが高ければ簡単に2点目、3点目が入ってというシーンが多かった。またヘルタに戻ってハードですけど、そういうところにもっと磨きをかけていきたい」

 次は3月に行われるアウェーでのUAE(アラブ首長国連邦)戦。今回の最終予選で唯一敗れ、唯一得点を奪っていない中東の雄が相手となる。ホームで敗れたリベンジを果たすべく、さらなる成長を遂げた原口の5戦連発弾に期待したい。

文=平野由倫

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
40pt
山口
39pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
琉球
25pt
沼津
24pt
Jリーグ順位をもっと見る