2016.11.12

ライバル大迫が2得点…途中出場の岡崎「選択肢が広がるのは良い」

岡崎慎司
オマーン戦に途中出場したFW岡崎慎司 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 キリンチャレンジカップ2016が11日に行われ、日本代表はオマーン代表に4-0で勝利した。試合後、61分から途中出場を果たしたFW岡崎慎司(レスター)がコメントを残している。

 前半に同じポジションのFW大迫勇也(ケルン)が2ゴールを挙げた日本。岡崎はその活躍を受けてピッチへ送り出されると、FW久保裕也(ヤング・ボーイズ)投入以降は2トップ気味でプレーした。

「相手も引いている状態での2トップで、狙いとしては悪くなかった。コンビネーションも合ってたと思う」と実戦の舞台で初めてコンビを組んだ久保とのプレーを振り返った岡崎。「個人的には二人とも裏を抜けたいと思うので、自分も(久保を)活かせるような動きをやっていったらいいなと感じました」と続け、オマーン戦での経験を今後へ繋げていくとした。

 同試合では岡崎と同時にFW浅野拓磨(シュトゥットガルト)も投入された。結果を出した大迫も含め、攻撃陣のポジション争いは激化している。岡崎はそうした状況について、「サコ(大迫)も1トップで結果を出したけど、ボールに触れているかっていったらなかなか触れられない時もありました。今日はうまくいったけど、うまくいかない時のオプションとしては、サコとの2トップもあるだろうし、裕也との、拓磨との2トップもあると思います。そういういろいろな選択肢が広がるというのは良かったと思います」とコメント。チームとして攻撃の幅が広がることを歓迎した。

 15日には埼玉スタジアムで2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選第5節のサウジアラビア戦に臨む。この大一番で、岡崎は足踏みが続いている日本代表通算50得点目を決めることができるのか。活躍に期待が集まる。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る