2016.07.29

リオ五輪に臨む岩波が熱い思いを告白…「すべての人の思いを背負ってプレーしたい」

ヴィッセル神戸オフィシャル月刊誌で熱い思いを語った岩波拓也
サッカー総合情報サイト

 ヴィッセル神戸が毎月発行するオフィシャル月刊誌『ヴィッセルスマイル』7月発売号は7月30日に発売。全9ページにわたる特集企画『FEATURE』では、ヴィッセル神戸初のオリンピック選手となったクラブ生え抜きの岩波拓也が登場し、インタビュー記事内で五輪に懸ける強い気持ちを激白している。

 7月1日に発表されたリオデジャネイロ・オリンピック日本代表メンバー。チーム発足から主軸としてプレーしてきた岩波は、無事にメンバー入りを果たしたものの、5月に左ひざを負傷し全治6週間と診断されていたことからメンバー入りを不安視する声も聞こえていた。そうした状況下でリオへの切符をつかみ取った心境を、岩波は次のように告白している。

「ホッとしたというのが一番大きかった。と同時に、U-17日本代表から数えれば100人以上の同世代の選手と切磋琢磨しながらここまで戦ってきて、そこにはいろいろな選手の様々な思いがあるのも感じてきただけに、選ばれた僕はそういう仲間の思いもしっかり背負って戦わなければいけないという責任感も、改めて芽生えた」

 また、ヴィッセル神戸初のオリンピック選手になったことについての熱い思いも明かしている。

「リオに行くことは自分の使命だと感じていた。特に、僕はジュニアユースからヴィッセルの一員になって以降、ずっとこのクラブに育てられてきた。U-18時代もたくさんの素晴らしい選手がいたにもかかわらず、高校1年生の時から多くの試合経験を積ませてもらって、それがトップチーム昇格や今の僕につながっている。そのことへの恩返しをするためにも、リオでは僕にかかわってくださった指導者、クラブ関係者、チームメイト、家族、友人などすべての人の思いを背負ってプレーしたい」

 ケガを乗り越えてつかんだ五輪代表の座。ヴィッセル神戸にかかわるすべての人の思いを背負った岩波が、48年ぶりのメダル獲得を目指してリオ五輪本大会へと挑む。

 なお、岩波のインタビューが収録された『ヴィッセルスマイル』は、30日に発売開始。同日に行われるヴィッセル神戸対大宮アルディージャの試合会場であるノエビアスタジアム神戸のグッズショップや、ハーバーランドのオフィシャルショップで販売され、楽天市場店( http://www.rakuten.co.jp/vissel/ )でも30日の0時から購入可能となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る