2015.11.13

ビルドアップに手応えを感じた森重「一喜一憂せず続けることが大事」

森重真人
シンガポール戦でフル出場した日本代表DF森重真人 [写真]=兼子愼一郎

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が12日に行われ、日本代表はシンガポール代表と対戦し、3-0で勝利。翌日の13日は、シンガポール市内の練習場でクールダウンを行った。練習後、DF森重真人がインタビューに応じている。

 シンガポール戦にフル出場した森重は、攻撃面について、「うまく(柏木)陽介とパス交換しながら前線へ送るパスコースを探したり、リズムよく後ろからボールをつなげたので前にも入れやすかったかなと思います。前も動き出しやすかったんじゃないかな」と話し、ビルドアップに手応えを感じていた。

 また、「陽介や長谷さんがあまり前に行きすぎると、前線が動くスペースや受けるスペースが少なくなる。うまく陽介と長谷さんと、そこで速くパスを回しながら前線に入れることができたと思います」と続け、2ボランチに入ったMF柏木陽介とMF長谷部誠との連携が上手くいったと明かした。

 DF槙野智章と毎試合のようにスタメンが入れ替わっている森重。ポジション争いについては、「自分は1試合1試合アピールを続けることが大事。一喜一憂せずに続けていくことがスタメンへの近道だと思います」と、目の前の一戦を大事にしたいと語った。

 GK西川周作とは大分トリニータで一緒にプレーしていた。ともにスタメン出場を果たしたことについて、「前にいたチームの選手と代表でまた会えるのは嬉しい。しかもスタメンで出られるのは、大分のサポーターも嬉しいと思うし、自分たちも嬉しいですね」と、かつてのチームメートとの出場を喜んでいた。

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る