2015.11.13

先制弾アシストも満足しない武藤「FWである以上いつも得点を狙いたい」

武藤嘉紀
シンガポール戦に先発出場した武藤嘉紀(右) [写真]=兼子愼一郎

 日本代表は、12日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選でシンガポール代表とアウェーで対戦。前半に金崎夢生と本田圭佑、後半には吉田麻也が得点し、3-0で勝利を収めた。

 左サイドで先発出場し、金崎の先制点をアシストしたFW武藤嘉紀は「(相手が)引いてくるのは分かっていましたけど、それでも裏を狙っていこうと監督にも言われていました。その面では何度かいいシーンを作れたと思います」と試合を振り返った。

 先制点の場面では、本田からのクロスボールをヘディングで折り返して金崎につないだ。「完全に引いてくる相手に対して高さは有効になる」とチームとしての狙いだったことを明かし、「(対峙した)DFは小さかったので、(本田)圭佑くんや(酒井)宏樹と、自分のところに合わせてくれれば、しっかり折り返したり、上から叩くことができるからと話していた」と逆サイドの本田、DF酒井宏樹と打ち合わせした通りの形だったという。狙いがハマったことには「いいゴールにつながるシーンになったので良かった」と笑みを浮かべた。

 代表通算2点目を決めた10月のイラン代表戦に続き、2試合連続で得点に絡む仕事を果たした。スタメン定着に向けて大きなアピールになったかを問われると、「欲を言えばゴールを取りたかったです。アシストできたのは良かったですけど、技術面でも戦術面でももっと良くなっていくと思うし、ゴールはFWである以上いつも狙っていきたい」とさらなる向上を見せたいと意気込んだ。

 所属クラブのマインツではセンターフォワードとして定位置を確保している。この日は久々に左サイドでプレーしたが、これには「ずっとFWでやっていたこともあって、FWの動きになってしまうことも多々ありました。それでも左サイドとして最低限のことはやれたのかな」と一定の満足感を得られたようだ。

 日本代表は、17日にアウェーでカンボジア代表と年内最後の試合に臨む。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る