2015.11.05

アウェー2連戦への意気込み語る浦和DF槙野「結果にこだわりたい」

槙野智章
W杯アジア2次予選への意気込みを語った槙野 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本サッカー協会(JFA)は5日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選のシンガポール代表戦(12日)、カンボジア代表戦(17日)に臨む日本代表メンバー23名を発表した。

 浦和レッズからはGK西川周作、DF槙野智章、MF柏木陽介の3選手が選ばれた。

 9月のカンボジア戦以降、ゴールマウスを守っている西川は「日本代表に選出していただき、大変嬉しく思います。大事なアウェー連戦になりますが、まずは練習から良い準備をして、試合に出場したら無失点に抑えられるようにがんばりたいと思います。その前に重要な週末の川崎戦がありますので、シャットアウト勝利のために、全力を尽くします。笑顔で喜びを分かち合えるように、ひとつになって戦いましょう」と、まずは7日に行われる2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第16節の川崎フロンターレ戦に注力すると語った。

 10月のシリア代表戦で先発出場した槙野は「日本代表に選出していただき、大変嬉しく思います。アウェーで予選2試合を戦うことになりますが、慣れない環境の中でもしっかり良い準備をして、結果にこだわりたいと思います。まずは浦和の一員として、週末の川崎戦に全力を尽くして勝つのみです。一緒に戦いましょう」とアウェー2連戦への意気込みを口にした。

 また、前回の代表戦に引き続き招集を受けた柏木は「日本代表に選出していただき、大変光栄です。自分の全てを出して、日本の勝利に貢献できるようにがんばってきます。まずは出発前の大事な川崎戦で勝利をし、良い流れでアウェーでの予選2試合に向かいたいと思いますので、埼スタで一緒に戦ってください。応援よろしくお願いします」と勝利に貢献できるよう全力を尽くすと述べた。

 日本代表は12日にナショナルスタジアムでシンガポールと、17日にプノンペン・オリンピックスタジアムでカンボジアと対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る