2015.09.09

日本代表、6得点の勝利にセルジオ越後氏「ようやく差を出せたが、謙虚にならなければ」

日本代表
アフガニスタン戦に先発した日本代表メンバー [写真]=Getty Images

 ロシア・ワールドカップ出場を懸けたアジア二次予選が8日に行われ、日本代表はアフガニスタン代表とイランの地で対戦。香川真司、岡崎慎司の2得点、森重真人、本田圭佑のゴールで6-0と大勝し、3日のカンボジア戦から連勝を飾った。

 試合後、『サッカーキング』ではサッカー解説者のセルジオ越後さんに話をうかがい、振り返ってもらった。

「ようやく、ある程度格下のチームとの差を出せた試合だったね。ただし、6-0というスコアで『すごい』と思ってしまうことは違うこと。それまでの試合で点が取れていなかったことの反動もあるからね。シリアを追いかけているという立場なのは変わりがないんだから、見ている側も謙虚にならなければいけないよ」

「日本での開催じゃなかったこともあったのか、相手がシンガポールとカンボジアに比べて、色気を出して前に出てきてくれたのが、試合を楽にしたね。ただ、サイドからのクロスの質は相変わらず足りない。ボランチももっと前に飛び出して行ってほしかった。最後の方は6点取ったことに満足したかな? 楽に試合を進められた分、もっと点を取るチャンスはあったよ」

「香川はこの試合の結果をこれからもやってほしいね。カンボジア戦で決定機を外したこともあったのか、得点を取る意識が高かったように思えた。先制点のミドルシュートもよかったよ。芝が長いことを心配する報道もあったけど、試合では芝の長さを活かせていたようだね。ボールが止まる分、ミドルシュートが打ちやすくなるし、サイドチェンジも流れなくなる。気候も日本に味方したね。最後まで足が止まらなかった」

「ハリルホジッチ監督はメンバーを固定したように思えるね。交代枠も同じ使い方をする。来年、二次予選が終わるまではこのメンバーで行くんじゃないかな。センターで頑張れるFWが岡崎(慎司)しかいないのは不安要素だね」

「選手たちはクラブに戻って、コンディションとコンスタントな出場機会と結果を維持してほしい。次のシリア戦(政情不安で中立地開催)が二次予選の山になるから、しっかりと臨んでほしい」

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る