2015.09.09

更なる工夫を求める岡崎「アジアでの戦い方を考えなきゃいけない」

岡崎慎司
アフガニスタン戦で2ゴールを決めた岡崎慎司 [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が8日に行われ、日本代表はイランの首都テヘランでアフガニスタン代表と対戦した。試合はMF香川真司とFW岡崎慎司が2ゴールずつを奪い、DF森重真人とFW本田圭佑にも得点が生まれ、日本が6-0で勝利を収めた。試合後、岡崎が記者団の取材に応えている。

 しっかりと2ゴールを奪い、結果を残してチームの勝利に貢献した岡崎は「まずは勝つことが大前提で、今のところはシンガポール戦の反省を活かせているのかなと思います。ただ、進化しているとかは判断しにくいですね。やっぱりアジアでどう戦っていくかを考えていかなきゃいけないですね。いろんなことを考えていかなきゃいけないです」と述べ、大勝を収めたもののアジアで戦っていく難しさを痛感した様子。

 続けて「例えばクロスをガンガン入れても、(得点は簡単に)入らないわけじゃないですか。それでも工夫して、どこにクロスを入れればいいかを分かっていれば…例えば(ニアで)フリックして2人目が決めたりとか、今日みたいに誰かが折り返して押し込んだりだとか。こういう相手、特に2次予選や3次予選では、相手が引いて守ってきた時にそういうアイデアが必要だと思います」と引いて守る相手を崩すためのアイデアを更に増やす必要があると語った。

 日本代表は10月8日にオマーンの首都マスカットでシリア代表と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
40pt
大分
40pt
山口
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
29pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る