2015.09.08

アフガニスタン戦に臨む日本代表、ユースチームと高校サッカー部出身選手の比率はほぼ同数

左が慶應大学時代、右が日本代表としてプレーする武藤 [写真]=Getty Images

 9月8日に日本代表は、2018 FIFAロシア・ワールドカップアジア2次予選でアフガニスタン代表と対戦する。3日に行われたカンボジア代表戦では、FW本田圭佑の得点など、3-0で勝利を収めた。

 今回選出された日本代表メンバー23名を見てみると、DF吉田麻也(名古屋グランパスU-18)やMF香川真司(FCみやぎバルセロナユース)、FW宇佐美貴史(ガンバ大阪ユース)などJの育成組織やクラブ出身選手が11名。MF長谷部誠(藤枝東高校)やFW岡崎慎司(滝川第二高校)など高校サッカー部出身選手が12名となっている。

 そのうち、大学に進学した選手は、GK東口順昭(洛南高校→新潟経営大学)、DF長友佑都(東福岡高校→明治大学)、DF丸山祐市(国学院久我山高→明治大)、FW武藤嘉紀(FC東京U-18→慶應義塾大学)、FW永井謙佑(九州国際大学付属高→福岡大学)の6名となっている。

 なお、2010年南アフリカW杯では、J育成組織出身が4人、高校サッカー部出身が19人。2014年ブラジルW杯においては、J育成組織が10人、高校が13人となっており、年々J育成組織出身選手が多くなっている傾向がわかる。

■アジア2次予選カンボジア代表戦、アフガニスタン代表戦の選出メンバーとその出身
GK西川周作(大分トリニータU-18)
GK東口順昭(洛南高→新潟経営大)
GK六反勇治(熊本国府高)
DF酒井宏樹(柏レイソルU-18)
DF酒井高徳(アルビレックス新潟ユース)
DF長友佑都(東福岡高→明治大)
DF吉田麻也(名古屋グランパスエイトU-18)
DF丹羽大輝(ガンバ大阪ユース)
DF丸山祐市(国学院久我山高→明治大)
DF森重真人(広島皆実高)
DF米倉恒貴(八千代高)
MF長谷部誠(藤枝東高)
MF山口蛍(セレッソ大阪U-18)
MF柴崎岳(青森山田高)
MF香川真司(FCみやぎバルセロナユース)
MF遠藤航(湘南ベルマーレユース)
MF原口元気(浦和レッズユース)
FW本田圭佑(星稜高)
FW宇佐美貴史(ガンバ大阪ユース)
FW武藤嘉紀(FC東京U-18→慶應義塾大)
FW岡崎慎司(滝川第二高)
FW興梠慎三(鵬翔高)
FW永井謙佑(九州国際大学付属高→福岡大)

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る