2015.09.04

代表採点『俺ガゼッタ』…カンボジア戦のMOMは豪快ミドル弾の吉田麻也

吉田麻也
カンボジア戦で追加点を挙げた吉田麻也 [写真]=兼子愼一郎

 ロシア・ワールドカップ アジア2次予選が3日に行われ、日本代表とカンボジア代表が対戦した。日本はFW本田圭佑、DF吉田麻也とMF香川真司のゴールで、3-0の勝利を収めた。

 試合後、サッカーキングでは『俺ガゼッタ』と題し、出場選手をユーザーに10点満点で採点してもらい、各選手の寸評、総評、日本代表でその日一番活躍した選手を選出してもらった。

 採点ではミドルシュートで追加点を決めた吉田がチーム最高の「5.9」(最高点10、最低点1)を獲得し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。2位には無回転のミドルシュートで先制点を決めた本田、3位にはGK西川周作が入った。

 また、「みんなの総評」では、「もっと流れるようなメリハリの利いたサッカ-が見たかった」、「相手キーパーの好セーブがあったが、もう少し点が欲しかった」、「焦っていたのか格下相手に周りが見えてない選手が多かった」などとの評価を受けている。

 各選手の採点とユーザーからの主な寸評は以下のとおり。(※4日の20時30分現在。最高点10、最低点1)

■ヴァイッド・ハリルホジッチ監督
採点:4.4(投票数:2394)
主な寸評
▽勝ったが納得いってないのは本人が一番理解しているかと。
▽あれだけクロスを入れるのであれば、途中からでも高さを使って欲しい。
▽まだまだやりたい方向が見えない。産みの苦しみならよいが。

■西川周作(浦和レッズ)
採点:5.6(投票数:2014)
主な寸評
▽ゴールキーパーとしての役割がほとんどなかったが、守護神としてのオーラは出せていたと思う。
▽ほとんど出番がなかった。相手の唯一のシュートをしっかり止めた。
▽ミスがなく安定感があった。カウンターに貢献できればなお良かった。

■酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)
採点:4.9(投票数:2378)
主な寸評
▽持ち味の攻撃参加はOK、アシストが欲しかった所。
▽裏へ抜けてのクロスやプレーは良いが、アーリークロスや手前でのプレーには可能性を感じない。クロス精度の向上や動きの質の改善が求められる。
▽アシストついてもいいくらいのクロスは2、3本あったと思う。

■吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
採点:5.9(投票数:2433)
主な寸評
▽ディフェンスとしてはほぼ仕事なし。ミドルシュートのシーンはタイミングよく上がってきていた。
▽2点目のミドルシュートは、非常に大きいものとなり日本の勝ち点3に大きく貢献した。
▽あのミドルは低く抑えたいいシュートだった。CBではやはり吉田が一番。

■森重真人(FC東京)
採点:5.5(投票数:2251)
主な寸評
▽吉田と共に攻撃の目を潰した。攻撃に参加できなかったことがおしい。
▽攻撃参加回数を増やしてくれ。
▽セットプレーで取れるようになってほしい。

■長友佑都(インテル/イタリア)
採点:5.0(投票数:2437)
主な寸評
▽左サイドを駆け上がって、スペースの使い方が非常に上手かったが最後が弱かった。
▽運動量はあったけど…連携が良くなく”燃費の悪い”運動量になっていた感じ。
▽仕掛けたり、内側に入ってシュートとよく動けていた。

■長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
採点:5.3(投票数:2376)
主な寸評
▽タッチ数は最も多かったように思えるが、試合を作るような捌きはできていなかった。リズムをコントロールすべき。
▽自身でももっと攻撃を組み立てて欲しい。山口との違いが見えなかった。
▽攻撃時にもっと前への意識が欲しかった。

■山口蛍(セレッソ大阪)
採点:4.8(投票数:2513)
主な寸評
▽全得点に絡む活躍をみせるも、自身のミドルの精度に課題。
▽インターセプトを良かった。だが、パスやシュートのミスは無視できないモノだった。
▽守備はよかったが、ミドルシュートが枠内に行くことはなかった

■香川真司(ドルトムント/ドイツ)
採点:5.4(投票数:2744)
主な寸評
▽3点取れたはず。攻撃陣の中では最も可能性を感じた。
▽クラブでの好調を維持。だが得点出来た場面が多くあった。
▽一生懸命さはピカイチ。どんなゴールでも、ゴールすることは大事。

■本田圭佑(ミラン/イタリア)
採点:5.8(投票数:2812)
主な寸評
▽シュート決めたのは〇。やはり今の日本代表には必要不可欠ってところ。
▽得点は見事だったが、酒井宏との連携や、相手を交わす動きがもっと欲しかった。
▽スターはゴールもかっこいいし、守備にも頑張る。オーラもすごい。

■武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
採点:4.9(投票数:2534)
主な寸評
▽マインツ移籍後初代表ということもあり、ゴールへの意欲は感じられたが、工夫が足りなかった。
▽勝負にいくところとタメるところのメリハリがなかった。
▽かなり微妙だったけど2回決定機を作ったから次頑張ってほしい。

■岡崎慎司(レスター/イングランド)
採点:5.0(投票数:2505)
主な寸評
▽コンディション不良。飛び出しもおそく、ポストでボールロストが多すぎた。
▽コンディションの悪さを露呈。ボールがほとんど収まらなかった。
▽らしいプレイあったが、得点につながらず。

■宇佐美貴史(ガンバ大阪)
採点:5.4(投票数:2614)
主な寸評
▽後半途中出場にもかかわらず良い感じですけど出番がね…もっと観てみたい。
▽ドリブルはさすがだったが決めきれなかった。
▽積極的にドリブルを仕掛けたり、動きは良かった。

■興梠慎三(浦和レッズ)
採点:4.8(投票数:1976)
主な寸評
▽サポートをしたが、もっと貪欲に攻撃に絡んでも良かった。
▽岡崎同様良さ出ず。周りを使えるので楔のパスをもっと受けたいところ。
▽監督の指示を短い時間で忠実に実践しようとしているんでしょうけど…。

■原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
採点:5.3(投票数:2003)
主な寸評
▽長い時間みたいと思った。
▽短い時間ながら良いプレーが見えた。個人的には期待が持てるプレーだった。
▽途中出場で積極的に攻撃に参加し、存在感を示した。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る