2015.09.04

狙いがハマった右サイド…酒井宏は好機演出も「結果が欲しかった」

酒井宏樹
カンボジア戦に先発出場した酒井宏樹 [写真]=兼子愼一郎

 ロシア・ワールドカップ アジア2次予選が3日に行われ、日本代表とカンボジア代表が対戦した。試合はFW本田圭佑、DF吉田麻也、MF香川真司が得点を奪い、日本が3-0で快勝を収めている。試合後、先発フル出場したDF酒井宏樹が記者団の取材に応じた。

 ここまでヴァイッド・ハリルホジッチ監督が就任して以降の公式戦4試合未勝利と、苦しい戦いが続いていた日本代表。3-0という結果について酒井宏は「勝ち点3の獲得が目指すところだったし、それが実現できて良かったです」とまずは勝利を収めたことに安堵の表情を浮かべた。

 酒井宏は前半から積極的に右サイドからのクロスボールでチャンスを演出した。これについては「前半僕はやりきって、あそこで3本ばっちり合ったので本数を重ねれば決めてくれると思いますし、アシストは付かなかったですけど、クロスの狙い所は良かったと思います。でも(アシストの)結果が欲しかったですね」と自身でも手応えを掴みつつ、数字としての結果があればなお良かったと振り返っている。

 この日はサイドからクロスを供給するだけでなく、ゴール前に走りこむ場面も見られた。新しい試みについては「前回(のシンガポール戦は)0-0の時は引いた相手に対して攻め方がノーマルだったので、ちょっとサプライズも込めて、僕と(長友)佑都くんが高い位置まで行くというのをやっていました。それが全てではないですけど、1つの選択肢としては良かったんじゃないかと思います」と新たな攻撃のパターンとして考えられるという。

 逆サイドのDF長友佑都との関係については「まあ相手によって変わりますし、今日の前半は佑都くんの方がケアされていたので、右からの方が効果的だったと思いますし、やっていてすごいはまっていた」と述べ、前半は自らが積極的に攻めたことが効果的だったと実感している。一方で「後半は逆にすごいケアしてきたので、佑都くんが空いてきましたし、どっちが攻め上がるとかではなくて両方とも行ける様な体制を取っておけば強い相手にはいいんじゃないかと思います」と臨機応変に対応することで、強豪国との対戦に備えたいと話した。

 ハリルホジッチ監督からの指示については「スプリントのところは監督からも言われているので、より高めていかないといけないし、走る量より質の方が大事で、そこを高めていかないといけないので、10本走った選手というより2、3本でもアシストした選手の方が評価されますし、そういう選手になっていきたいです」と量より質を提供できるSBになることが今後につながると考えている。

 次はイランでの戦いになるが、酒井宏は「経験がある選手がいて、スタッフとかもしっかり協力してくれているので勝ち点3を取っていきたいですね。暑い試合なんでね、しっかり走れる様に。サイドで走り切れたらやっぱり大きいので、数的優位を作れる様にイニシアチブを取りたいです」とサイドの選手が暑い中でも運動量で違いを作り、チームの勝利に貢献することを目標とした。

 日本代表は8日にイランの首都テヘランにあるアザディ・スタジアムでアフガニスタン代表と対戦する。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る