2015.09.04

終盤に出場もサポート役に徹した興梠「次こそは点を取りに行く」

興梠慎三
後半途中から出場した興梠慎三 [写真]=兼子愼一郎

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が3日に行われ、日本代表は3-0でカンボジア代表を下した。

 序盤から攻め続けた日本は28分にMF本田圭佑のミドルシュートで先制し前半を終えると、50分にDF吉田麻也がミドルシュートをゴール左隅に決め加点。61分にはMF香川真司にもゴールが生まれ3-0の勝利を飾っている。

 3点をリードして迎えた78分からピッチに立ったFW興梠慎三は試合後、「今日はスペースがなかったからね。チャンスがあればサイドからかなと思っていたからクロスには対応するように心がけていまいた。まあ難しかったけど」と振り返った。

 そして、「自分はパサーがいて生きるので、最後は宇佐美(貴史)だったり、(原口)元気だったりドリブラーが入ってきたら、あんまりボールは出てこないかなと思った。頑張って動いて、宇佐美たちが入って来るスペースを空けようかなと」と、ドリブルを得意とする宇佐美や原口のサポートに回っていたと話している。

 また、「緊張感のある試合の中で、こういう大事な試合に出れるということは自分にとって本当にうれしいことでもあるけど、結果が求められるので。結果という形でいろいろ残したかったです。またチャンスがあれば次こそ点を取りにいきたいなと思います」と次の試合に向け意気込みを語った。

 3-0というスコアについては「1点とってもなかなか相手が出てこない中で3点取れたということは非常によかった。まあもちろん決定機もいっぱいありましたけど、シンガポールの時はあれだけチャンスがあって決められなくて、今回は多くのチャンスがある中で3点決められたというのは成長したんじゃないかなと思います」とチームが改善したと主張。

 この日は岡崎慎司との交代で試合に入ったが、「いろいろと話をして、終わった後にやっぱりこういうチームは難しいね、という話しをしました。試合の前半とかを見ていて、岡ちゃんの動きだったり、ボールの預け方だったりを見ていたんですけど、まあやっぱり自分のポジションもそうですけど運動量がないとチャンスはこないのかなと思います。もっと話をしていきたいと思います」と、今後もコミュニケーションを取って向上していきたいと述べている。

 日本代表は、8日にイランの首都テヘランにあるアザディ・スタジアムでアフガニスタン代表と対戦する。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る