2015.09.03

格下カンボジア相手に勝利は必須…ハリル「疑問なしに勝ちに行こう」

ハリルホジッチ
記者会見に臨んだハリルホジッチ監督 [写真]=兼子愼一郎

 2日、FIFAワールドカップロシア アジア2次予選のカンボジア代表戦を翌日に控え、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が記者会見に臨んだ。

「コンニチハ。選択肢はあまりありません」と話し始めた指揮官は、「この合宿の一言目ですが、選手たちには『質問はないぞ。常に勝利しかない』と話しました。相手は勝利を与えてくれない。我々が勝ちにいかなければならない。今晩も話をしますが、確固たる決意を持って勝利を目指そうと。我々自身にも勝利する義務があるし、すべてのサポーターの皆さんのためにも勝たなければならない。我々はシンガポール戦をアクシデントだったと思わせなければならないと思います」と、勝利が絶対条件であることを改めて明確にしている。

 東アジアカップで最下位に沈んだ原因として準備期間の短さを挙げていたハリルホジッチ監督。今回も同様に短い期間での準備を強いられることとなったが、「いつも皆さんに話していますが、確かに時間はありません。それに対して文句を言うことはできるけれども、それに意味はない。そういうことにも勝たなければならない」とコメント。そして、「昨日は戦術のトレーニングしかしていません。前へ行くためのいろいろな形を彼らに提示しました。少しアグレッシブなこともしましたし、ときどきはPKも誘えという話もした。改めて言いますが、シンガポール戦の内容はそこまで悪くなかったと思っています。最後の決定的なところで少し失敗してしまいましたけど。そのために最後のシュートのところ、確固たる決意を持って集中してシュートを打ってくれと話しました」と続け、ゴールへの強い気持ちを選手に求めた。

 海外組の選手については、「時差ボケや移動によって疲労がある段階です。ただ、時差ボケを解消するための道具を試しているところです。今日の夜、彼らが本当に疲労しているのか、いけるのかというところを聞いて、それでメンバーを決めようと思っています。選手のことは信頼していますので、彼らからしっかり責任を持った返答があれば決断できると思っています。誰も疲れていないことを期待していますけども」と選手のコンディションを懸念しつつ、「アグレッシブな部分を期待しています。攻撃の方法として、昨日は6つか7つのソリューションを提示して、ゴール前へ行くことを目指しました。常に後ろについて勇気づけをしたい。私は元ゴールゲッターなので、どのような言葉が彼らを勇気づけるかを分かっています。自分がゴールするためのクオリティがあることを忘れてもらっては困るし、そういう気持ちを持ってやってもらえたらと思います」と期待を口にしている。

 また、MF本田圭佑はミランで、MF香川真司はドルトムントでトップ下としてプレーしているが、「本田と香川は昨日も一緒にプレーしましたが、彼ら自身も疑問なくできると思うし、ヨーロッパでも強豪と言われるクラブでやっています。2人ともいいパフォーマンスで練習してくれました。本当に良いプレーヤーですし、攻撃面でリーダーになってくれると期待しています。もちろん2人が同じポジションでプレーすることはできません。ただ、お互いにポジションチェンジしたりすることは可能です。明日の試合に関しても彼らは自分に求められていることを分かっているし、かなりモチベーションが高いので、非常にいいプレーを見せてくれると思っています」と共存に問題はないと主張。

 攻撃の形、内容にこだわるのか、それとも1-0でも勝てば満足なのか、という問いに対しては、「勝つことを要求したい。10点取れれば問題ないですが、選手にはそんなにプレッシャーはかけたくない。勝利をすれば自信がつきますし、喜びがわくと思います。シンガポールになぜ引き分けたのかを今までずっと考えていました。選手はもっとやりたいと思っていますし、私はさらにもっとやりたいと思っています。そのためには選手にも『疑問なしに勝ちに行こう』という話をしました。我々が求めているのはスペクタクルな試合でありゴールです。今年最後の国内での試合。そして前回、観客の皆さんはものすごくいい雰囲気を作ってくれました。選手のみんなにはすべての意識とすべてのやる気をゴールに傾けてくれと話しました。そして美しい勝利で今年の日本での最後の試合を飾ろうといいました」と、まずは勝利という結果が最重要だと述べた。

 そして、「先ほど6から7つあると話したソリューションに関しては、選手でも監督でもなく試合の状況が決めます。シンガポール戦のいろいろなアクションを見て、突破するためにはこういう方法があったなと思ったところを選手たちに与えています。例えばミドルシュート。他にはダイレクトプレーも必要です。FK、PKがなぜないのかという話もしましたし。私たちのプレーはまだまだ理想とは遠いですけれども、その中で彼らは素晴らしいプレーをしてくれて、そしてただ、フィニッシュのところが足りないだけです。最後のシーンでの決意、冷静さといったところですね。私も選手だったという経験がありますから、そういったことも付け加えて選手たち話しています。とにかく自信を失うなと。もちろん(リオネル・)メッシや(クリスティアーノ・)ロナウドのように個人で突破することも問題ない」と、ゴールを奪うための方法を自らの経験を踏まえて選手に伝えていると話した。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る