2015.08.10

左SBでの起用にアシストで応えた米倉「与えられた場所で結果を出す」

米倉恒貴
中国戦で代表デビューを果たした米倉恒貴 [写真]=兼子愼一郎

 日本代表は9日、EAFF東アジアカップ2015の最終戦で中国代表と対戦し1-1で引き分けた。この結果、2分け1敗の日本は大会史上初の最下位に終わっている。

 中国戦で代表デビューを飾り、アシストを記録したガンバ大阪所属のDF米倉恒貴が記者団の取材に応じ、「ここまで2試合チャンスがなくて、見ていて攻撃で違いを見せられたらいいなと思っていたので、左でしたけどチャンスをもらえたので、結果的にアシストできて良かったです」と試合を振り返った。

 本職の右SBではなく左での出場については「急に監督に言われて。前日練習で。やったことあるか? って聞かれて、ないですって言ったんですけど、でも「行くぞ」って感じだったんで」と明かし、「相手の7番がスピードが速くて、それに対応してほしいとは言われたんですけど、正直、個人的には攻撃で何か本当に違いを見せられたらと思っていたので。試合に勝てなかったのが残念です」と攻撃の面で手応えを掴みつつ、勝利に結びつかなかったことを悔やんでいる。

 また、「攻撃に関しては前がタカシ(宇佐美)だし、特に問題ないなと思っていたんですけど。問題は守備かなと思っていて、だいぶ槙野くんにも声を掛けてもらったし、助けてもらった部分も大きいんで、そこは改善しなければいけないなと思います。一対一は個人的な特長でもあるし得意な部分もあるんでそこは良かったですけど、右と左で体の向きが違って一歩遅れたりしたんで、左右の違いで難しさはあるなと思いましたね」と今後の課題を口にした。

 大会全体を通しては、次のように振り返っている。

「練習から全力でやれていたんで、そういうところを監督が評価して使ってくれたのかなと思うので、個人的には練習でも試合でも全力でやるのが売りでもあるので、そういうところで評価してもらって試合に出させてもらったのは、今後も続けていきたいなと思います」

「攻撃では期待されていなかったと思うんですけど。自分の中ではなにか違いを見せなければと思って。自分の売りはそこにあると思うんで、とりあえず走ろうと思ってやりました。でも、日本代表として戦って4位という結果で終わったのは非常に残念ですし、監督が言うようにもっとフィジカルのレベルを上げなければいけないです。力のある選手もいるんで、連係を深めていけば、もっと上に行けるんじゃないかとは思います」

「初めて呼ばれて、やりたいポジションをやらせてもらえるような甘いものじゃないと思うので、与えられたポジションでしっかり結果を出すことで、今回は攻撃の部分でやれましたけど、もっと守備の部分でやらなければいけないかなとは思いました」

 また、フィジカル重視の練習については、「監督が言っているフィジカルがどんなものか、監督がどう思っているかは全然わからないですけど、もっとパワーアップしなければいけないなと思いますね。代表選手は日本の選手だけを見ても体つきが大きいし、もともと体幹は強いので、天然の部分でやっているところがあるので、もっともっと意識してアップしなければいけないなと思うしこの悔しい思いをバネに頑張りたいと思います」と話した。

 ガンバ大阪は11日に「スルガ銀行チャンピオンシップ 2015OSAKA」でリーベル・プレートとの対戦を控えているが「スルガですか? そうですね。(長谷川)健太さんが出ろと言うなら出ます(笑)」と出場を示唆している。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る