2015.08.10

サイドでのプレーに苦しんだ宇佐美「得点のパターンが絞られる」

宇佐美貴史
東アジア杯を戦った日本代表FW宇佐美 [写真]=兼子愼一郎

 日本代表は9日、EAFF東アジアカップ2015の最終戦で中国代表と対戦し1-1で引き分けた。この結果、2分け1敗の日本は大会史上初の最下位に終わっている。

 エースとしての活躍が期待されながら無得点に終わったガンバ大阪所属のFW宇佐美貴史が試合後、記者団の取材に応えた。

 まずは大会を振り返り、「点が取れない時にどう取るかってことは、ガンバでもそういう話は結構していますけど、やっぱりそういう部分をもうちょっと突き詰めていかないといけないなと思います。それがボールを持ってからなのか、ボールを持ってない時なのか、よく分からないですけど、点は作り出さないといけないですし、そういうところはまだまだムラがあるというか、まだ見つけることはできてないかなと思います」と課題を挙げている。

 また、「サイドからどう得点取っていくかっていうところで割とパターンとしては絞られると思いますし、真ん中よりは。サイドからドリブルで行くのか、右からのクロスで合わせに行くのか、カットインしてシュートなのか、そういうところをサイドで出た時にもう少しバリエーションを多くやらないといけないなと思います。普段真ん中でやっているので、そういう左からの部分もあり、右からそういうシーンもあり、真ん中で受けてミドルとかいろいろ幅がある中で、それがサイドになるとやっぱり狭まりますし、狭まった中で何をチョイスするのかとか、ポジションも少し下がるわけなんで、ちょっと低くなったところからどう前に絡んでいくかってところの質を高めていかないと」と、普段と異なるポジションでのプレーに苦しんだことを明かし、今後の改善を目指すと語った。

 選手同士でのポジションの入れ替わりもみられたが、「まあ、動くなとは言われてないですけど、そのまま動いた流れで戻る時に一番近い流れで戻れって言われていますし、それで(ポジションが)変わっているだけで、そんなに意図的に変えてるわけではないです」とコメントしている。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る