2015.08.06

日本との差を実感…フル出場の太田宏介「韓国の方が完成されていた」

太田宏介
韓国戦でフル出場した日本代表DF太田宏介 [写真]=兼子愼一郎

 日本代表は、5日に行われたEAFF東アジアカップ2015の第2戦で、韓国代表と対戦し1-1の引き分けで終わった。フル出場したFC東京所属のDF太田宏介が試合後に、記者団の取材に応じている。

 太田は、負傷の影響で2日の北朝鮮戦で先発メンバーから外れていたが、韓国戦はスタメンで復帰しフル出場を果たした。「自分はケガ明けのなかで90分やれたことはポジティブに捉えています」と感想を語ると、「距離感に関してはしっかり詰めながら、自由にやらせないことを意識しました。ただ、もう少し攻撃に出ていきたかった」と自身のプレーを振り返った。

 試合について太田は、「正直やっぱり韓国の方が完成されているなと感じたなかで、失点してしまいましたけど、すぐに追いつけて、そこから耐えられたのは良かったと思います」と対戦相手との差を実感するも、一定の手応えを感じている様子。また、韓国について、「この大会における準備期間がまったく違うし、距離感も相手の方が良かった。韓国に回される時間が最初多かった」と日本より完成されていると感じた部分を説明するが、「耐えるところは耐えて、攻撃に出るところは出るというなかで、しっかり1点を取れたことはポジティブに捉えたい」と、ドローで終えた試合を前向きに振り返っている。

 日本代表は9日に行われる最終戦で中国代表と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
19pt
川崎F
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る