2015.07.09

最新FIFAランク、日本は50位にランクアップ…アルゼンチンがトップ浮上

日本代表
シンガポール戦の日本代表メンバー [写真]=足立雅史

 FIFA(国際サッカー連盟)は9日、最新のFIFAランキングを発表した。

 日本代表は6月に行われたキリンチャレンジカップ2015のイラク代表戦で4-0の勝利を収めたものの、FIFAワールドカップロシア大会のアジア2次予選・シンガポール代表戦で0-0の引き分けに終わった。この結果を受け、日本は前回の52位から2つ順位を上げて50位にランクアップした。なお、シンガポールは4つ順位を上げて150位となった。

 アジア勢では、イランが前回から3つ順位を上げて38位となりアジア最上位。日本は前回と変わらずアジア2番手で、韓国が順位を6つ上げて52位、オーストラリアは4つ上げて59位、そして2つ上げて69位となったUAEが続いている。

 上位トップ10では前回3位のアルゼンチンが2つ順位を上げてトップに立ち、2位にドイツ、3位にベルギーが続いた。さらに前回5位のブラジルと同6位のオランダの順位が入れ替わり、8位にルーマニア、9位にイングランド、10位にウェールズが浮上。スペインがトップ10から外れ、12位に順位を下げるなど大きく順位が入れ替わった。北中米カリブ海勢は34位のアメリカが最上位。アルジェリアは19位でアフリカ勢トップの座を守っている。

■トップ10
1位 アルゼンチン
2位 ドイツ
3位 ベルギー
4位 コロンビア
5位 オランダ
6位 ブラジル
7位 ポルトガル
8位 ルーマニア
9位 イングランド
10位 ウェールズ

■ブラジル・ワールドカップ後の日本の順位の推移
2014年8月 44位
2014年9月 48位
2014年10月 52位
2014年11月 53位
2014年12月 54位
2015年1月 54位
2015年2月 55位(ハビエル・アギーレ監督契約解除)
2015年3月 53位(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任)
2015年4月 50位
2015年5月 50位
2015年6月 52位
2015年7月 50位

 日本代表の次戦は8月2日に行われるEAFF東アジアカップ2015の第1戦の北朝鮮代表戦となる。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る