FOLLOW US

長友佑都が日本の若き才能をスカウト? 「サネッティに伝えたい」

小学生に交じってプレーする長友

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都が21日、アカデミーディレクターを務める「YUTO NAGATOMO Football Academy」を訪問し、スクール生に自分の考えを伝えることを目的としたイベントを開催した。

 小学生が参加するアカデミーで長友は、参加した生徒全員と1対1で対戦。スクール生のテクニックに翻弄される場面もあり、「セリエAでもやるプレーなんだけどな」「インテルの強化部長に紹介したい」と驚くシーンも。16日に行われたシンガポール戦では臀部の張りで出場を回避した長友だが、この日はダッシュを何回も見せるなど、はつらつとしたプレー。練習後には、「全く問題ないです」と回復をアピールしている。

 ミニゲームでは、試合の前後に行う挨拶が大事と説くと、元気な声をもらって笑顔を見せた。試合中は「強く」というキーワードを強調し、勝ちたいという強い気持ちを見せることの大切さを教え込んだ。

 全ての練習後には生徒一人ひとりとサイン・写真撮影に応じ、「世界には僕よりも大きい選手がたくさんいる。その中で戦うには気持ちが大切です。サッカーだけじゃなく、日ごろの生活も真剣に取り組んでください」とアドバイスした。

 練習後の取材では、「何人か名前はチェックしています」と生徒の才能発掘にも余念がないようで、「(インテル副会長の)サネッティに伝えたいですね」と、成長に目を細めている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO