2015.04.01

新戦力の活躍に刺激を受けた香川「まずはドルトムントで結果を」

香川真司
ウズベキスタン戦に先発出場したMF香川真司 [写真]=兼子愼一郎

 JALチャレンジカップ2015が31日に行われ、日本代表とウズベキスタン代表が対戦。日本が5-1で勝利し、ヴァイッド・ハリルホジッチ新監督体制で連勝を飾った。

 同試合に先発出場したMF香川真司は、勝利に安堵の表情を浮かべながらも「僕たちはもっと上を目指していかないといけない。これで満足することは絶対ないです」とコメント。「もっと厳しい戦いをしないと分からないことはあります」と、チームの真価が問われるのは強豪を相手にしたときであるとの見解を示した。

 チャンスに顔を出す場面もあったがゴールを奪うことはできず、「まだもっとできると思います」と悔しさを見せる。

 新戦力が次々と結果を残し、ポジション争いが激しくなる中で、まずは所属クラブでのパフォーマンスが重要になる。「ドルトムントと共通しているところはたくさんある」と前向きに捉える香川は、「若い選手も出てきて結果を残して、良いチームになってきていると思う。そういう中で個人的にはもっと結果を出して、最後のところで相手の脅威になれるように。まずはドルトムントで結果を残すことが一番だと思います」と、今後の活躍を誓った。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る