2014.11.15

6発大勝の日本代表、内田と遠藤、香川、豊田が別メニューで調整

練習前にピッチ中央に集まる日本代表の面々

 日本代表は15日、キリンチャレンジカップ2014に向けた合宿6日目の練習を愛知県内で実施した。

 前日にホンジュラス代表に6-0で大勝した日本代表は、午前中に約1時間15分の練習を実施。ファンにも公開された練習では23選手全員が参加したが、内田篤人と遠藤保仁、香川真司、豊田陽平の4選手が別メニューとなり、その他の選手は冒頭に4-3-3のフォーメーションでプレスの確認を行った。

 ウォーミングアップ後に2人1組でパス交換をした後、森重真人と吉田麻也、酒井高徳、長谷部誠、本田圭佑、乾貴士、武藤嘉紀、岡崎慎司はクールダウンに移行。太田宏介、塩谷司、昌子源、松原健、今野泰幸、田口泰士、柴崎岳、森岡亮太は狭いエリアでのパス交換や6対2のボール回し、シュート練習などをこなし、最後に4対4にGKを加えたミニゲームをして締めくくった。

 練習後には、集まったファンにサインをするファンサービスも実施。18日には、今年最後の国際Aマッチとなるキリンチャレンジカップ2014で、オーストラリア代表と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る