2014.10.15

フル出場の田口泰士、ネイマールには「一枚も二枚も上を行かれた」

田口泰士
代表初のフル出場を果たした田口泰士 [写真]=兼子愼一郎

 国際親善試合が14日に行われ、日本代表とブラジル代表が対戦。バルセロナに所属するFWネイマールが4得点を挙げる活躍を見せ、4-0でブラジルが大勝した。

 代表初先発を果たし、フル出場した名古屋グランパス所属の日本代表MF田口泰士は、ネイマールに数多くのチャンスを作られたことについて、「自分の両サイド、自分の前の2枚の背後をうまく突かれた。アプローチが遅れて、自由に前を向かれてしまってドリブルで仕掛けられるシーンが多かった。前半は耐えていたけど、後半は自分たちのミスから失点してしまった」と振り返り、「速いというのもあるし、やはり技術がしっかりしているので飛び込めないし、周りを使うプレーもうまいので、一枚も二枚も上を行かれていたかなと思う」と、印象を語った。

 手応えを感じた部分を問われると、「スカウティングでも『攻撃は良いけど、守備ではギャップもあるし、チャンスはある』という話だった。前半は自分のところからクサビを入れたりはできていたので、そういうところは良かったと思うけど、得点につながっていないので」と話した。

 アンカーの位置に入って意識したことは、「ネイマールが自由にやってドリブルで前に来ていたので、そこにアプローチに行きたかったけど(ハビエル・アギーレ)監督から真ん中にいろという指示があったから、真ん中にいることを意識しながらプレーはしていた」と話し、「前半に関しては前を向かれても、しっかり守れていた。失点は自分たちのミスや、セットプレーのこぼれ球を拾えなくてカウンターを受けてのものだったので防げたかなと思う」と失点を振り返った。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る