2014.10.10

アギーレJ初勝利、ジャマイカを完封…ゲーム支配もOGの1点止まり

柴崎岳
先制点後、柴崎に駆け寄る本田ら [写真]=嶋田健一

 キリンチャレンジカップ2014が10日に行われ、日本代表とジャマイカ代表が対戦した。

 ハビエル・アギーレ監督体制になり、初陣となった9月2連戦はウルグアイ代表に0-2、ベネズエラ代表に2-2と勝利を手にできなかった日本代表。ジャマイカ戦ではGKに西川周作を先発させ、DFラインは左から長友佑都、森重真人、代表初招集の塩谷司、酒井高徳が並ぶ。アンカーに細貝萌、インサイドハーフはアギーレジャパン初招集の香川真司とベネズエラ戦で1得点の柴崎岳が入り、前線は同じくベネズエラ戦1得点の武藤嘉紀、岡崎慎司、主将の本田圭佑が先発となった。

 序盤からボールを支配する日本は6分、ゴール左の位置でFKを獲得すると、本田が直接狙ったが、ゴール右へのシュートはGKライアン・トンプソンが弾き出した。15分には香川がゴール正面から強烈なロングシュートを打ったが、わずかにゴール左にそれた。

 迎えた直後の16分、岡崎が中央左サイドの高い位置でボールを奪うと、中央右の本田へ渡す。本田は右側を追い越したペナルティエリア内の柴崎へパスを出すと、柴崎は右足でシュート。GKトンプソンがパンチングしたが、ゴール前につめていた岡崎のマークをしていたナイロン・ノスワーシーに当たってゴールイン。オウンゴールで日本が先制する。

 試合を優位に進める日本。25分には新潟出身で地元凱旋となった酒井が、右サイドからカットインして左足のミドルシュートを打つも、GKの正面だった。

 33分、カウンターから本田がドリブルで突破を仕掛ける。これは相手DFにカットされたが、そこからの横パスを酒井が高い位置でインターセプト。ゴール前でフリーの本田へラストパスを送ると、GKと1対1の状況でループシュートを選択したが、クロスバーをかすめて、枠上に外れた。

 酒井は40分にも右サイドを持ち上がって、カットインからエリア内左でシュート。DFのブロックに遭い、浮き球となったところをゴール正面で岡崎がオーバーヘッドで反応したが、シュートはバーを越える。前半は日本の1点リードで終える。

 後半に入ってからもペースは日本。立ち上がりから武藤がミドルレンジから積極的に狙う。56分、右サイドのスペースに走り込んだ柴崎のクロスに岡崎が合わせたが、シュートはGK正面だった。59分には岡崎に代え、代表初キャップとなる小林悠を投入。小林は右FWの位置に入り、武藤がセンターにスライドする。2分後、長友の縦パスを受けた左サイドの香川がDFをかわしてクロス。武藤がヘディングで合わせたが、GKトンプソンが反応して防ぐ。

 攻める日本は65分、左サイドからパスを回して柴崎から右サイドの酒井へ。グラウンダーのクロスが香川に通ったが、シュートはゴール右にわずかに外れる。72分にはエリア内左で香川のパスを受けた小林がシュートしたが、ここもGKの守備範囲となった。直後に武藤がベンチへ下がり、柿谷曜一朗が入る。

 1点がなかなか決まらない日本。74分に長友が左サイドから香川とのワンツーでエリア内に侵入するも、シュートは打てず。日本は79分、長友のバックパスを狙っていたダレン・マトックスにボール奪われ、ピンチとなったが、森重が好カバーを見せて守った。

 終盤、日本は長友に代えて太田宏介、香川に代えて田口泰士を相次いで投入し、ピッチに立たせる。90分にはショートコーナーから太田のクロスに小林がヘディングで合わせたが、ボールはクロスバーの上へ。スコアは結局最後まで動かず。1-0で日本が勝利した。

 日本は14日、シンガポールでブラジル代表と対戦する。

【スコア】
日本代表 1‐0 ジャマイカ代表

【得点者】
1‐0 16分 オウンゴール(ノスワーシー)(日本)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る