2014.09.10

ポゼッションの問題語る大迫勇也「一人ひとりが迷いながらプレー」

大迫勇也
ベネズエラ戦で先発出場したFW大迫勇也 [写真]=兼子愼一郎

 キリンチャレンジカップ2014が9日に行われ、日本代表とベネズエラ代表が対戦。アギーレ体制下で代表初招集となった武藤嘉紀と柴崎岳が代表初ゴールを決めたが、ウルグアイ戦に続きミスからの2失点で、2-2の引き分けに終わった。

 先発出場するも前半のみのプレーとなった大迫勇也は、交代について「悔しさはありますけど、切り替えるしかない」とコメント。マークについていた選手の対応について問われると、「全く問題なかった」と手ごたえを感じており、「むしろ、後半になったら絶対にスペース出てくるし、後半になるとまったく違う展開になるのかなと思ってやっていました」と途中交代の悔しさを語った。

 前半を振り返って、「ポゼッションが上手くいっていなかった」と問題点を指摘。「後ろに人数をかけているけど、ボールが上手くつながらなかったのが一番難しかったところだと思う。後ろに人数多いなかで、前は人数が少なくて、その中でボールを大きく蹴ることが多かったから」と説明しており、「蹴るんだったら前に人数かけたり、つなぐんだったら後ろ人数をかけたりと、区別をさせたらよかったかなと思います」と改善点も語っている。

 また、蹴ってくれれば収められる自信はあったかとの問いには、「それはもちろんあった」とするも、「みんな、一人ひとりが迷いながらプレーしていたところがあったのかなと思いました」と明かしている。

 日本代表は、10月10日に新潟でジャマイカ代表、14日にシンガポールでブラジル代表と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
41pt
FC東京
34pt
川崎F
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
44pt
町田
43pt
横浜FC
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る