2014.09.09

セルジオ越後氏、代表初得点コンビの武藤は「荒削り」柴崎は「ミスを忘れるな」

武藤嘉紀
先制点を決めた武藤(中央)を祝福する柴崎(左)と岡崎(右) [写真]=Getty Images

 キリンチャレンジカップ2014が9日に行われ、日本代表とベネズエラ代表が対戦。前半をスコアレスで折り返すと、ハーフタイムに投入された武藤嘉紀の代表初ゴールで日本が先制。その後、ミスからPKを献上して同点とされたが、柴崎岳のこちらも代表初得点で勝ち越しに成功。しかし、相手ミドルシュートを後逸した川島永嗣のミスにより、再度同点とされ、試合は2-2の引き分けに終わった。

 サッカーキングの取材に対し、サッカー解説者のセルジオ越後氏は次のように語った。

 ウルグアイ戦での2失点に続き、またもミスからの失点で勝利を逃した日本代表だが、「とんでもないミスがあったり、前半でよく失点しなかったよ。相手に助けられたね。ウルグアイ相手なら前半で3点取られていたよ。ボロ負けしていたね」と、前半からミスの目立っていた日本の守備に苦言。ワールドカップ上位レベルの相手なら大敗していたと話した。

 来日してから1カ月あまり。就任直後の2連戦を1分1敗という結果で終えたハビエル・アギーレ監督だが、セルジオ氏は「就任前に想定していたレベルと違うと思って困っているんじゃないかな。守備の質が低いし、ボールキープもできない展開は相変わらずだね」とコメントすると、「みんなも日本が強くないということを認識して、良く思わないこと」と話した。

 ベネズエラ戦では新戦力である武藤と柴崎が活躍。武藤については「まだまだ荒削り」。柴崎についても「前半にあったミスを忘れてはいけない」と話しつつ、「固定して使うべきじゃないかな。高いレベルの相手とやったときにどれくらいできるか期待したいし、長い目で見て継続して使っていくべき」と今後の成長に期待を込めた。

 一方で、2連戦でフル出場し、ゲームキャプテンも務めた本田圭佑については、「みんなが期待するような“エース”という立場には程遠い。ミランでのレギュラーも無理じゃないかな」と評している。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る