FOLLOW US

初W杯で世界との差感じた香川「メンタリティーや強さを痛感した」

コロンビア戦に先発した日本代表FW香川真司 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、日本代表とコロンビア代表が対戦。コロンビアが4-1で勝利し、3連勝でグループリーグ首位通過を決めた。敗れた日本は1分2敗のグループ最下位で2大会ぶりにグループリーグで姿を消すこととなった。

 同試合で先発した香川真司は試合後、「今、すぐ振り返るのはなかなか難しい」と複雑な気持ちを明言。後半40分に清武弘嗣と交代した時は、「これで終わりだと思うと、すごくさみしかった」と、力を出しきれず心残りだとコメントした。

 自身にとって初のワールドカップについては、「勝つことを目標にやってきて、でも1勝もできなくて、それが結果として残ったので、ただ悔しいです」と振り返り、「4年に1度の大会で自分たちのサッカーをし、それを出し切るメンタリティーや、チームとしての強さというのを初戦から痛感させられた。こういう戦いで勝ち抜いていくために必要なことだと感じた」と、大舞台で得た経験を語った。

 最後に、4年後のワールドカップについて問われると、「このワールドカップにかけてやってきたのでなかなか切り替えが難しいです」と、気持ちの整理ができていないことを率直に明かした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA