FOLLOW US

日本代表DF内田篤人「勝ち点1しか取れなかったし、しょうがないです」

コロンビア戦を振り返った内田 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、日本代表とコロンビア代表が対戦。コロンビアが4-1で勝利し、3連勝でグループリーグ首位通過を決めた。敗れた日本は1分2敗のグループ最下位で2大会ぶりにグループリーグで姿を消すこととなった。

 試合後、内田篤人は以下のようにコメントしている。

――こういう結果となったが。

「自分たちが勝たなきゃいけないのはわかっていたし、前半でギリシャが勝っているという情報も入ってきていました。その中で勝ち切れない、バランスを崩して前にいって、こういうサッカーになっちゃったんじゃないですかね」

――前半で追いついたところまでは納得できる形だったか?

「いや、こういう形で先に失点しちゃいけないというのはわかっていたし、前半で追いつけたのはラッキーかな」

――相手は後半から10番(ハメス・ロドリゲス)が入ってきましたが。

「彼は(ディディエ)ドログバとはタイプが違いますが、真ん中でうまくボールを持てる選手。一発を持っているし、ロングシュートも威力がある。そこでうまくサイドにふられた。やはりいい選手だなと思った」

――前回を超えるためにやってきたが、結果として勝ち点1しか取れなかったことについてどう思っているか。

「まぁしょうがないですからね。勝ち点1しか取れなかったし。逆にギリシャはよくあそこまで粘ったと思います。こういう大きい大会で自分たちのサッカーができればというのはありますけど、相手チームがさせてくれないですからね」

――自分たちのサッカーをやろうとして、結果的にこうなってしまったが、途中で軌道修正しようという考えはあったか。

「いや、監督がうまくやってくれようとしていた。監督が今までどおりやっていこうと一番言っていたので、選手がそれをできなかったというのを強く感じます。自分たちのサッカーができれば勝てます。でも相手のレベルが高いからできない。ボールも持てないし、一発を持つ相手選手もいる。これが地力じゃないですか。自分たちのサッカーができない中でどうやって勝つのかが大事だと思う」

――日本のサッカーは進歩しているか。

「進歩はしていると思いますし、いろんな選手が海外に行って世界でやれているのもそうだと思いますけど。世界は近いけど、広いなという感覚はあります。それは別にこの大会で思ったことじゃないけど。ドイツでもそうですし」

――W杯の舞台だと相手も慎重にくる部分もあるし、激しさも普段の親善試合に比べて違うと思うが、そういう中で勝つために今後どういうことが必要だと思うか。

「それをやっていたつもりだった。結果が出ないと俺が言っても説得力がない。勝ってから言わないとね。勝ってから言います」

――4年前は出られなかったがその感慨に浸ってる時間はなかった?

「ワールドカップってどんなものかなとは思ったけど、普通にサッカーの試合でしたし、変わらなかった。やっぱり結果が出ないとね。びびらないというか普通でした。いつもどおりって僕何回も言ってましたけど、まぁそれが中々やれないんだけど。そういうレベルなんです」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA