FOLLOW US

大会を無得点で終えた大久保「一人ひとりの距離が遠かった」

今大会無得点に終った大久保嘉人【写真】=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、日本代表とコロンビア代表が対戦。コロンビアが4-1で勝利し、3連勝でグループリーグ首位通過を決めた。敗れた日本は1分2敗のグループ最下位で2大会ぶりにグループリーグで姿を消すこととなった。

 試合後、日本代表のFW大久保嘉人は、以下のようにコメントしている。

――コートジボワール戦と同じように警戒している選手たちにやられたが、それは精神的なものか?

「(攻撃陣の)自分たちは実際マッチアップしてないから分からないが、対応は難しかったのではないかと思う」

――1トップに入って、相手をかき回していたが。

「とりあえず裏を狙ってDFラインを下げる。そこに何本か出してくれて、みんなが前掛かりになっているのも感じられた。ボールを持ったらとりあえず前を見てと話していた。仕掛けたときに、人がいない場面がすごくあったので、もったいないなと思っていた。一人ひとりの距離が遠い。そうなると大きい相手に、フィジカルで二人に来られると難しくなった」

――3試合目になって、ようやく良さが出てきたように見えたが。
「みんなが前に行こうとしていた。回そうとすれば自ずとひとり一人の力は出ると思う。それを1戦目、2戦目に出せなかったのは残念だった」

――もっと早くチームに加わっていればという思いはありますか。
「それはずっと思っていた。そう言われていることは分かっていたが、すでに終わったこと」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA