FOLLOW US

同点弾挙げるも勝利ならず…岡崎「悔しくて今は何も考えられない」

岡崎慎司がW杯を振り返り、悔しさを滲ませた [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、グループCでは日本代表とコロンビア代表が対戦。日本は1-4で敗れ、1分け2敗の勝ち点1でグループリーグ敗退が決まった。

 試合後、同点弾を挙げた岡崎慎司が以下のように敗戦を振り返った。

 岡崎は、「本当に今は何も考えられないですけど、これが自分たちの実力と思うしかない。自分が何もできなかったことにがっかりしているし、自分に責任があると思います」と、コメント。「実際、勝てば(決勝トーナメントに)行けていたので、勝ちたかったし、前から点を取りに行っていた。こういう形で負けたことは自分たちの実力のなさですし、本当に悔しい。悔しくて、今は何も考えられないです」と、話した。

 日本と世界との差をどのように捉えているかを問われると、「今は何も考えられないですけど、こういう大舞台で結果を残せないというのは、自分たちが甘いと感じました」と、話し、「とにかくボールを前に運ぶことはできたと思うんですけど、最後のところでゴールを奪うということが少なすぎたと思うし、単純に自分たちの力、個人の力がなかったと思います」と、大会を振り返った。

 そして、「自分自身が何をすれば良いのか、今はわからないですし、ただただ悔しくて、何もできなかった自分が。今は何も考えられないです。たくさんの人の期待や信じてくれた気持ちに応えることができなくて、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と、話した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA