2014.06.20

ギリシャ戦フル出場の今野泰幸「祈るような気持ちでいた」

今野泰幸
今大会初出場を果たした今野泰幸(左) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦した。

 フル出場した日本代表DF今野泰幸は試合後、「相手が守りきったので、僕たちの仕事というのは、カウンターの対策や対処というか、それだけだった。あとは前(の選手)に何とか崩してくれ、みたいな祈るような気持ちでいましたけどね」と、コメント。無得点に終わった要因について、「工夫はしたと思うし、中央もサイドからも良い形は作りかけたんですけどね。でも最後の本当のラストがやっぱりどうしても合わなかったし、相手の方が良いポジションを取っていたなというところで、点を取れなかったんだと思います」と、分析した。

 そして、「僕の中では、後半より前半が、僕たちの左サイドは自分も(ドリブルで)持ち上がれていたし、自分もチャンスを作れそうだなと思っていましたけど。そこでは俺は結構、オカちゃん(岡崎慎司)とか(本田)圭佑とかサコ(大迫勇也)とか(長友)佑都は見ることはできていたんだけど、(大久保)嘉人のところがすごく空いていたというのを試合中に言われて、そこをなかなか使えなかった。そこが見えていたら、もっと展開が変わったと思うし、嘉人も活きたと思う。悔いが残りますよね。逆サイドのバイタルエリアの、たぶん良いところにいたと思うんですよ。そこをパンと突ければ、もうちょっと攻撃の幅が広がったと思うし、それがなくても左だけでも崩せそうな感じは正直、あったんですけど」と、振り返った。

 日本の第3節は24日、2連勝で決勝トーナメント進出を決めたコロンビアと対戦。ギリシャは同日にコートジボワールと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る