2014.06.16

悔しさと向き合った香川真司「このまま終わるわけにはいかない」

香川真司
コートジボワール戦から一夜明け、香川が心境を明かした [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節コートジボワール代表戦から一夜明けた15日、日本代表は試合会場のレシフェからベースキャンプ地のイトゥに戻り、夕方からトレーニングを行った。

 記者団の取材に応じたMF香川真司は、コートジボワール戦を1-2の逆転負けで終えて、「寝られないでしょ。徐々には寝られたけど、寝付きはよくない。まあ、でもそれはしょうがない。試合の後はいつもこうだし」と、話し、「次の試合のことを考えたいと思っていたけど、昨日の試合を考えたし、昨日1日は自分の中で思うことを思って、もう切り替えるしかないし、もう悔しいという思いしか湧かなかった。でも、昨日の夜に十分に向き合ったので、また明日の練習からしっかりやりたい」と、次戦を見据えた。

 悔しかったことを問われると、「自分たちのサッカーができなかったというのが率直にあって、また個人的にも何もできなかったと感じていて。ただ、この4年間、ワールドカップのために皆がんばってきたし、まだリーグ戦だから、必ずしもこれで敗退するわけではない。次の試合に向けてしっかり準備して、絶対に次は勝ちたい」と、コメントし、コートジボワール戦について、「特に攻撃のところで、絶対に隙はあると信じてやっていたけど、動きが硬くてトライできなかった。ワールドカップの雰囲気もあったけど、それを含めて自分の力不足だったと思う。ただ、このまま終わるわけにはいかないし、絶対にできると信じている」と、語った。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る