FOLLOW US

W杯デビューの山口蛍、フル出場を果たすも「不完全燃焼だった」

コートジボワール戦でW杯デビューを果たしたMF山口蛍(左)[写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦。MF本田圭佑の強烈なシュートで先制するも、後半に逆転を許し、1-2で敗れた。

 試合後、記者団の取材に応じたMF山口蛍は、以下のようにコメントしている。

 山口は、「うまくプレスがはまらなかったなという印象はある。ヤヤ・トゥーレのところを、僕らボランチはかなり意識してやっていた。その中で、すごく嫌なポジション取りをしていたので、それをケアしているとなかなか難しかった」と試合を振り返った。

 W杯デビューとなった同試合、フル出場を果たした山口は、「90分出たのはいいけど、不完全燃焼だった。全体的に、守備でいけた部分もあれば、迷惑をかけた部分もあるし、攻撃の部分も前に出ていくというのがそれほどできなかった」と自身のプレーを悔やんだ。

 日本は、19日に行われるグループリーグ第2節でギリシャと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO