FOLLOW US

追加点奪えず…シュート数ゼロの岡崎「守備に追われてしまった」

コートジボワール戦に出場したFW岡崎慎司(中央)[写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦。MF本田圭佑の強烈なシュートで先制するも、後半に逆転を許し、1-2で敗れた。

 試合後、記者団の取材に応じたFW岡崎慎司は、以下のようにコメントしている。

 岡崎は、「相手のサッカーに自分たちが耐える時間が多かった。攻撃に切り替えるときに、今までの自分たちのいいカウンターだったりができなかった。個人的には、結構守備に追われていた部分があった」と話し、「我慢すれば勝てた試合だと思う。間延びしている相手に対して、(ボールを)もう1回取られることが何回も続いていた。相手はクロスに6人くらい入ってきていて、そういう場面で戻りきるのに少し時間がかかってしまうことが多くなったときの失点だった」と、失点場面を振り返った。

 黒星発進となった日本代表。悔しさを滲ませながらも岡崎は、「そこまで悲観はしてないし、ある程度やられてもしょうがないなっていう試合を自分たちはしてしまった。我慢しきれなかったのが自分たちの負けに繋がったので、次は逆に思い切って自分たちのサッカーをするしかない」とコメント。「ギリシャとコロンビアの試合を見ていても、自分たちに勝つチャンスはあるように見えたんで。落ち込まないことが1番大事かなと思う」と、19日に行われるギリシャ戦へと気持ちを切り替えた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO