2014.06.15

ワールドカップ初戦、日本が本田圭佑の左足で先制して前半終了

本田圭佑
先制点を決めた本田(左)がベンチへ走る [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦した。

 ワールドカップ初戦となる試合でコートジボワールは負傷の状態が懸念されていたヤヤ・トゥーレがスタメンの一方、ディディエ・ドログバがベンチスタートとなった。日本は、川島永嗣、内田篤人、森重真人、吉田麻也、長友佑都、山口蛍、長谷部誠、岡崎慎司、本田圭佑、香川真司、大迫勇也が先発に名を連ねた。

 この試合ファーストシュートは6分、カウンターからジェルビーニョのスルーパスをペナルティエリア内右で受けたウィルフリード・ボニーが狙うが、森重真人がブロックに入った。序盤はコートジボワールが支配する展開で進む。

 日本は16分、左サイドのゴールライン近くからスローインで再開すると、長友の横パスを受けた本田が、ペナルティエリア内左で、右足のトラップから前を向くと、左足一閃。強烈なシュートがゴール左上へ突き刺さり、日本が最初のシュートで先制に成功する。

 21分には右サイドで内田がエリア内右でボールを持つと、巧みな切り返しでDFをかわして左足を振り抜いたが、GKブバカル・バリーの正面を突いた。直後にも本田の右サイドからのクロス性のボールがゴールへ向かうが、GKバリーが下がりながら弾いた。

 コートジボワールはY・トゥーレやジェルビーニョを中心に日本ゴールへ迫る。31分にはゴール前右で得たFKをアルトゥール・ボカが直接狙ったが、枠の上へ外れる。35分にもCKのこぼれ球をボカが強烈なミドルシュートで狙ったが、GK川島の守備範囲だった。39分にはY・トゥーレがエリア内左に侵入するとマイナスボールをジェルビーニョがシュートするが、山口がブロック。日本は前半、攻め込まれる場面が多いながらも、リードして試合を折り返す。

【スコア】
コートジボワール 0-1 日本

【得点者】
0-1 16分 本田圭佑(日本)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る