2014.06.11

日本代表GK川島永嗣がアンバサダーの英語サッカースクールが開校

写真はグローバルアスリートサッカースクールのチラシの一部

 スタンダール・リエージュ所属の日本代表GK川島永嗣がアンバサダーを務めるグローバルアスリートプロジェクトが、子供向けにサッカースクール「グローバルアスリートサッカースクール」を開校することを、11日に発表した。

 同スクールは、ネイティブやバイリンガルの指導員が英語で楽しくサッカーを指導。そのため、サッカーを通して英語を学ぶことができる。また年齢、体格、体力に合わせたサッカーのカリキュラムが用意されており、初心者でも安心して学べることができる。対象は幼児や小学生となっており、英語レベルは、初めて学ぶ子からネイティブレベルの子まで幅広く対応している。

 そして、子供たちには、楽しむことや夢中になること、サッカーや英語が好きになること、自信をもって英語でコミュニケーションとることを、このスクールを通して学んでもらうことが狙いとなっている。将来は、ベルギーで活躍する川島永嗣のような世界で活躍する国際人となるための基礎が学べる、サッカースクールが開校する。

 6月22日と27日に明治神宮外苑のフットサル信濃町コートで無料体験会が実施され、7月4日から本格開校する。

 グローバルアスリートプロジェクトは、2011年6月に川島が発起人兼アンバサダーの1人となり発足。海外に挑戦するアスリートが増えるなか、「言葉の壁」が一要因となり、チャンスを逃してしまった選手たちが大勢いることから、実力が発揮できるような環境をつくるサポートをしていきたいという想いを胸に活動している。

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る