FOLLOW US

ザック、自身初の大舞台へ「このために4年間チームを作ってきた」

記者会見に出席したアルベルト・ザッケローニ監督 [写真]=Getty Images

 日本代表を率いるアルベルト・ザッケローニ監督は現地時間10日、キャンプ地であるブラジルのイトゥで記者会見を行った。

 選手たちをリラックスさせるため、この日の練習を完全オフにしたザッケローニ監督は、「みなさんも仕事をしないといけないですし、記事を書かないといけないということで、今日は自分が犠牲の精神で臨んでいる」と、冗談を交えながら記者の質問に答えた。

 ブラジル・ワールドカップ初戦のコートジボワール戦を4日後に控る日本代表だが、ザッケローニ監督は自身の代名詞でもある3-4-3のシステムを採用しない方針を示した。完成させるには「時間が足りなかった」と述べ、「ここにいる選手達は、複数のシステムを使いこなすことのできる選手達だが、4-2-3-1の方が適している」と説明した。

 W杯後の去就について問われたザッケローニ監督は、「ワールドカップ以降の話は大会が終わった後に話せばいいことだと思うし、今は本当に全く考えていない」と答え、「やはり、ワールドカップに参加する資格があるわけだから、目の前の大会に集中すること。100パーセント集中してしっかりとチャレンジしていくこと。そこに気持ちがいくべきだと思っている。4年間、このためにチームを作ってきたので、やはり当然いい戦いをしたいという思いは強い」と、自身初となるW杯の舞台に懸ける想いを語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA