FOLLOW US

ザンビア戦で途中交代の内田、失点シーンを振り返り「あれは無理」

 国際親善試合が6日に行われ、日本代表とザンビア代表が対戦。日本は前半に2点を先制されたものの、FW本田圭佑の2得点とFW香川真司の得点で逆転すると、一時は追いつかれたが、後半開始時からピッチに立ったFW大久保嘉人の決勝点で4-3と競り勝った。

 試合後、DF内田篤人が勝利を振り返った。

 内田は「『前の2試合の方がよかったね』と話した」と明かし、「確かに前半はチームとしてだらっとしたというか、裏に行くのとかコンビネーションとかがちょっと足りなかったと思う」と課題を口にした。

 ザンビアの身体能力に翻弄される場面も見られたが、「もちろん足出てくる時は出てくるし、ただ単に走るスピードが速いとかありますけど」と前置きしつつも、「結局勝ってるんでそんなに問題ないんじゃないですか。国際試合はこういうのが普通だからね」と、淡々と語った。

 さらに内田は、前半の失点について「前の選手にちょっとボールがぶつかって、それでコースが変わったんですよ。まあ無理だね、あれは」と振り返った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO