2014.06.07

3失点喫したGK西川「締めるところは締めていかないといけない」

ブラジル・ワールドカップに向けて調整に励む西川(左) [写真]=Getty Images

 国際親善試合が6日に行われ、日本代表とザンビア代表が対戦。日本は前半に2点を先制されたものの、FW本田圭佑の2得点とFW香川真司の得点で逆転すると、一時は追いつかれたが、後半開始時からピッチに立ったFW大久保嘉人の決勝点で4-3と競り勝った。

 2013年11月16日に行われた、オランダ代表との国際親善試合以来の先発出場となったGK西川周作は「手には当てられたので、しっかり弾き出せれば、こんなに苦しい試合にはならなかった」と、3失点という結果に悔しさを滲ませた。

 試合開始早々に先制点を奪われ、相手に主導権を握られた展開について「試合の入りがコスタリカ戦に比べてよくなかった」と話し、3失点を喫したチーム全体の守備については「前からの守備ができずに、サイドから崩される場面が多かった。ワールドカップではより強い相手が待っているので、締めるところは締めていかないといけない」と反省を述べるとともに、目前に迫るブラジルでの本大会に向けて気を引き締めた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る