FOLLOW US

気を引き締める長友佑都「このままではW杯が1つの祭りで終わる」

ザンビア戦を終え、長友佑都はコートジボワール戦を見据えた [写真]=Getty Images

 国際親善試合が6日に行われ、日本代表とザンビア代表が対戦。日本は前半に2点を先制されたものの、MF本田圭佑の2得点とMF香川真司の得点で逆転すると、一時は追いつかれたが、FW大久保嘉人の決勝点で4-3で競り勝った。

 試合後、DF長友佑都が以下のように勝利を振り返った。

 長友は、「スピードや一対一では全然負ける気はしなかった」と、ザンビアの印象を語ったうえで、「でも、(グループリーグ初戦の)コートジボワールになると、もっと個々が強くなる。この相手(ザンビア)に3点、あのような形でやられるということは、(コートジボワール戦は)すごく厳しい試合になるなと。本当に1人ひとりが気を引き締めないと。別にネガティブに捉えているわけではないけど、今日のようなサッカーをしていたら、初戦は間違いなく勝てないですね」と、厳しい評価を下した。

 2点を先行されながらも同点に追いつき、勝利を収めたことについては、「勝たないといけないと思う。もちろん、(同点に)追いついたことは評価できるし、力はついてきていると思う」と、話しつつ、「今、ザンビアを相手にできたとしても、コートジボワールには通用しない部分がいっぱいある。例えば一対一で負けている部分は、ザンビア相手に負けていたら、コートジボワールの前線の選手に勝てるわけがない。ネガティブには捉えてはいないけど、気を引き締めないと、このままではワールドカップが1つのお祭りで終わってしまうと思います」と、14日に初戦を迎えるグループリーグでの戦いを見据えた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA