FOLLOW US

後半から出場の遠藤、同点弾を決め「狙い通りにゴールできた」

2日のコスタリカ戦で同点ゴールを決めた日本代表MF遠藤保仁 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が2日に行われ、日本代表がコスタリカ代表と対戦した。ブラジル・ワールドカップに出場するチーム同士の対戦は、コスタリカ代表に先制されるも、日本代表は後半に遠藤保仁香川真司柿谷曜一朗がゴールし3-1と逆転勝利を収めた。

 試合後、同点弾を決めたガンバ大阪に所属するMF遠藤保仁が記者団の取材に応じた。

 遠藤は、自身が決めた同点ゴールを「フリーだったし、篤人もよくスルーしてくれましたし、サイドチェンジのような形からだったので、ある程度狙い通りにゴールできたかなとは思う」と振り返り、さらに内田篤人に「スルーって声はかけましたけどね」と良い連携をみせた理由を明らかにした。

 また後半からチャンスが多くなったことについて問われると、「キプロス戦もそうですけど、3列目あたりが攻撃に絡むとやっぱりチャンスになっていることが多い」と分析。「リスクを冒すところはしっかりと冒しながら厚みのある攻撃をしたいなとは思っている。自分たちがスプリントして飛び込めば、なかなか相手もついて来られないと思うので、そういう動きを90分間通して少しでも回数を増やせば、よりチャンスになるのかなと思う」と、攻撃における重要な役割を担ってく、意気込みを語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA