FOLLOW US

日本代表、前半を終えコスタリカに1点のリードを許す

キャプテンとしてコスタリカ戦に先発した本田 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が2日に行われ、日本代表とコスタリカ代表が対戦した。

 ブラジル・ワールドカップの開幕を控え、本大会に出場するチーム同士の対戦となった。日本は本田圭佑香川真司に加え、大迫勇也大久保嘉人が前線に名を連ねた。ボランチには山口蛍青山敏弘、DFラインは右から内田篤人森重真人吉田麻也今野泰幸の並びとなり、GK川島永嗣がゴールマウスを守る。キャプテンマークは本田が巻いた。

 試合は立ち上がりからゴール前での攻防を見せる。開始50秒、コスタリカは右サイドの浅い位置でFKを得ると、ゴール前に送ったボールのクリアが小さくなったところを、ブライアン・ルイスがミドルシュートを放つが、枠の右へ外れる。直後に日本は大久保がゴール前でボールを受け、シュートを打つがクロスバーを越えた。3分には、コスタリカが右サイドのクロスから、最後はイェルツィン・テヘダがグラウンダーのミドルシュート。ゴール右を捉えたが川島が好セーブを見せた。

 日本は11分、ペナルティエリア内右で香川がクロスを送ると、大迫がDFの前に入り、ヘディングシュートをしたが、枠の上だった。14分にもゴール正面から香川がミドルシュートを打つが外れた。

 23分、日本は青山の縦パスをDFの間で受けた大迫のシュートが右ポストをヒット。判定もオフサイドとなった。25分には、大久保の左足のシュートがゴール右へ飛ぶが、コスタリカGKケイラー・ナバスが防いだ。2分後にはゴール正面で本田が右サイドからのパスを受け、飛び出したGKナバスをかわしたが、DFの寄せでシュートは打てず。直後のプレーでは青山のパスを大迫が落とし、山口がエリア内でシュートしたが、GKナバスの正面を突いた。

 迎えた31分、コスタリカは左サイドでジュニオール・ディアスが抜け出すと、低いクロスをブライアン・ルイスが押し込み、先制に成功する。日本は41分、香川が左サイドから中央へドリブルで持ち上がり、右足のシュートを打つが、力なくGKナバスの手に収まった。

 44分、コスタリカは日本DFラインの裏にボールを送ると、飛び出したGK川島がペナルティエリア外でヘディングでクリア。こぼれ球を拾い、右サイドに流れていたジョエル・キャンベルのクロスをルイスがヘディングで合わせたが、ゴール左へ外れた。前半はコスタリカの1点リードで折り返す。

【スコア】
日本 0-1 コスタリカ

【得点者】
0-1 31分 ブライアン・ルイス(コスタリカ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA