FOLLOW US

日本、内田のA代表2点目でW杯前国内最終戦勝利…圧倒も1得点で終える

先制点を決めた内田(背)を祝福する香川(奥) [写真]=Getty Images

「キリンチャレンジカップ2014」が27日に開催され、日本代表とキプロス代表が対戦した。

 ブラジル・ワールドカップを控え、本大会前に3試合の親善試合を予定している日本代表。本大会メンバー決定後初の試合は国内最終戦となり、川島永嗣、内田篤人、森重真人今野泰幸長友佑都遠藤保仁山口蛍岡崎慎司本田圭佑香川真司柿谷曜一朗が先発。FIFAランキング130位と格下のキプロス相手に弾みとしたい試合に臨む。

 長谷部誠がベンチスタートとなったため、ゲームキャプテンは遠藤が担当。日本ボールでキックオフとなった。開始3分、日本は長友が左サイドで仕掛けると、クロスに岡崎が合わせたが、わずかにボールが高く、ファーサイドまで流れた。キプロスはブロックを敷き、裏へのボールで速い攻めを狙う。8分、日本は遠藤のミドルシュートがファーストシュートとなったが、GKの正面を突いた。

 ボールを保持するも、ペナルティエリア内になかなか侵入できない日本は16分、香川がペナルティエリア外左からミドルで狙うも、GKの正面。21分にはキプロスのビンセント・ラバンブナイルがこちらもミドルシュートを打つが、ゴール左へ外れた。29分、日本は本田の縦パスに香川が絡み、柿谷がペナルティエリア内で相手を背負って落とすと、本田が左足でゴール左でシュートを放つが、GKのセーブに遭う。

 34分、日本は右サイドでの細かいパス交換からゴール右45度の位置で岡崎が倒されてFKを獲得。本田が直接狙うが、大きく枠を外れた。43分、日本代表はゴール前の細かいパス交換でエリア内に侵入すると、混戦となったところを最後は内田が押し込んで先制に成功する。内田は今シーズンの2月9日以降、負傷により公式戦の出場から遠ざかっていたが、嬉しい4カ月ぶりの復帰戦でのゴールとなった。内田は2008年6月以来となるA代表通算2得点目。前半は日本が1点をリードして終える。

 ハーフタイム、日本は先制点を決めた内田、遠藤、今野を下げ、酒井宏樹、長谷部、吉田麻也をピッチに送り出す。50分、香川がペナルティエリア内左にスルーパスを送ると、抜け出した柿谷がやや角度のないところからシュートしたが、Gkの好守に遭った。56分には長友が左サイドからカットインすると、右足でシュートを放ったが、枠は捉えられなかった。

 58分、日本はワントップの柿谷に代え、2012年2月以来の代表招集となった大久保嘉人を投入する。62分には大久保はファーストタッチから左サイドに流れていた香川のリターンを受けて、ミドルシュートで狙ったが、枠の上へ外れた。2分後、本田が右サイドからクロスを送ると吉田が頭で合わせたが、ゴール左へ外れる。67分にも香川の強烈なミドルがGKを襲うと、直後にはゴール前で長谷部、本田と続けてチャンスを迎えたが、枠を捉えられなかった。

 日本は70分、岡崎をベンチに下げ、清武弘嗣を投入した。77分、大久保がゴール正面やや右の浅い位置から浮き球のパスをエリア内に送ると、飛び出した山口がヘディングで落とし、本田が狙うが相手DFがブロックしてGKの手に収まった。直後に長友に代え、伊野波雅彦がピッチに送り出される。

 試合を終始支配した日本代表だが、2点目を奪うには至らず。1-0で勝利した。

 日本代表は今後、アメリカでの合宿に入り、2日にコスタリカ代表、6日にザンビア代表と親善試合を行う。その後ブラジル入りし、14日のコートジボワール代表との初戦に備える。

【スコア】
日本代表 1-0 キプロス代表

【得点者】
1-0 43分 内田篤人(日本)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO